修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

フェイスリフトの失敗・修正・再手術【失敗確率6項目グラフあり】

フェイスリフトの失敗

フェイスリフトは、たるんだ皮膚を引っ張ることで若々しい肌を手に入れる整形術であり、施術を行うことでたるみやしわなどがなくなり若返りの効果が期待できるほか、フェイスラインをシャープにできる効果もあります。

フェイスリフトには、部位によって前額リフトこめかみリフト頬リフト頚部リフトなどがあります。フェイスリフトは皮膚を引っ張ることで若々しさを保つ整形術であるため、それなりの技術力を必要とします。ホームページの説明だけではなく口コミなど実際にそのクリニックで施術を受けた人の体験談なども参考にしながらクリニックを選んでいくのが望ましいといえます。

フェイスリフトの失敗・修正・再手術

リフトアップ効果が無い

フェイスリフトの失敗例としてリフトアップ効果が無い例があります、若返り効果が無ければ手術の費用とダウンタイム、全てを無駄にすることになりますので、手術計画の際に必ず押さえておいてほしい点があります。フェイスリフトの手術では、手術時間が短すぎる、なんちゃってフェイスリフトが行われています。これは皮膚だけで引き上げを行った場合に起こり得るもので、多くの患者様がこれで失敗しています。

髪を上げたときに傷跡が分かる

傷跡のクオリティは医師のモチベーションの問題です。形成外科医ではない毒t-あが手術を行うと、傷跡に対してのモチベーションが低く、術後に不自然なほどの傷跡ラインが分かってしまう失敗例があります。髪を上げた際にも耳の縁に沿って切開と縫合ができる手術をするためにも、極細糸やル^ぺを使用した医師による手術を推奨いたします。こだわる医師の場合には、縫合だけで1時間を取るケースもあります。

フェイスリフトの失敗

フェイスリフトの上手い医師・医者

ダウンタイムが短いからと言って上手な医師であるわけではありません。

形成外科認定医は最低条件

傷跡のリスクを考慮しますと、形成外科認定医は最低条件となります。形成外科医に絞り込んでいけば、スクリーニングが容易で、傷跡に対してのモチベーションが高い医師が多いです。もちろん、これだけでは不十分なので、更に若返り手術の専門医を選ぶことがポイントとなります。

スマスやリガメントを使えるドクター

フェイスリフトという手術は、リガメントやSMASまでを使うと2週間はダウンタイムが必要です。ただし、この内部処理を怠るとダウンタイムが確かに短くなりますが、効果は薄れますのでご留意ください。リガメントを正確に使えるドクターは全体の1%程度です。

フェイスリフトの口コミ・体験談・評判

40代 女性の口コミ フェイスリフト

法令線とマリオットラインをなくしたいとおもっています。これまでにヒアルロン酸やフェイスリフトなどでごまかしていましたがたるみがもとに戻ってしまいました。
戻らないようにしっかりと切開してリフトアップしたいので、しっかりとした技術のある経験豊富な外科医を教えてください

フェイスリフトの症例写真・モニター

症例写真1

フェイスリフトの修正・再手術

フェイスリフトを受けたことでの失敗やリスクが起こる原因としては、もちろん本人の体質なども関係することもありますが、安全基準をしっかりと行っているか、いい加減なものではなく長期間効果が持続することを目的とした施術であるかなど、クリニックの問題であることが多いこともあります。

フェイスリフトのお薦めの先生・病院のランキング

フェイスリフトにかかる費用はプチ整形であれば10万未満、大掛かりな手術であれば100万かかるところもありますが、ただ安いところというのは医師の技術のクオリティが低い可能性もありますので、失敗やリスクを抱える恐れが高くなることも考えられます。

ご相談窓口でお薦めの先生・病院をご紹介いたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正と効果

フェイスリフトのトラブル・後遺症

トラブル例の一覧をご紹介いたします。

脱毛・はげ/感染/化膿/フェイスリフトの糸の露出/壊死/しわが改善しない//ギャザーたるみに効果が無い/リフトアップの左右差/法令線・ゴルゴ線に効果が無い/傷のケロイド/顔面神経麻痺/症状が不自然/突っ張り感/引きつり感/頬のしびれ/知覚麻痺/耳たぶの変形/凹みと凹凸/異物感/アレルギー/毛嚢炎/腫れ/内出血/痛み/外反/三白眼

フェイスリフトの効果・メリット

フェイスリフトの効果・メリット若返り、たるみやしわの改善なったりと大きな効果を得ることができます。

美容整形の手術が成功した際の効果・メリットは大きく、一生を左右する財産となります。

なので適切な医師選びが大切なのです。

フェイスリフトのリスク・デメリット

フェイスリフトのリスク・デメリット

フェイスリフトにはリスク・デメリットがつきものです。それを説明しない医師が多いので手術後にクレームが起こってしまいます。このサイトを通してリスク・デメリットを知り、失敗・修正のない医師選びをしてください。

頭髪内のハゲ

切開ラインを決定する際に、傷跡により毛根が消失し、ハゲが出来てしまうリスクがあります。毛包斜切開法を習得している医師、さらに言えば、極細糸を使っている医師でなければリスクがあります。特に注意しましょう。

ひきつれ

フェイスリフトをした後でひきつれを起こしてしまうリスクがあります。皮膚で引き上げるタイプのフェイスリフトを行った場合に、この引き連れが生じてしまいますので、経験値が無く下手な医師・若い医師には任せられない手術です。

神経損傷

フェイスリフトの手術中に神経を損傷されてしまう失敗があります。近年では、一部の美容外科がフェイスリフトの手術における集団訴訟を引き起こしてしまい、失敗されてしまった患者様は泣き寝入りになるという事件がありました。これにより未熟な医師が行ったフェイスリフトの修正希望者が増えている傾向があり、当相談所では修正の駆け込み寺になる名医をご案内しております。

フェイスリフトのダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

施術後しばらくはダウンタイムがあるので、術後のダウンタイムの過ごし方、アフターケアによって仕上がり具合も左右されますので、何も問題が起きてなくても安静に過ごすことが大切になってきます。

ダウンタイムは、簡単な施術であれば数日、切開したり大掛かりな手術の場合には2週間程度だとされていますが、人によって個人差があります。

アフターケアについてはクリニックによっては仕上がりを良くするためのトリートメント剤や薬の処方があることもありますが、詳しくは施術を受けたクリニックでしっかりと説明を受けるのが大切になっていきます。

フェイスリフトの料金・値段・費用・相場

フェイスリフトはアンチエイジング効果が期待できる整形術の一つですが、失敗例もあり安易に料金の安さだけで手術を行うクリニックを選んでしまうと後で後悔することになるので、しっかりと信頼のおける名医を選ぶことが大切になってきます。

しかし、ただ料金が高いだけで名医とは言い切れない部分もあるので、費用や治療実績の面からよく検討するのが望ましいといえます。

当相談所では、予算に応じた名医のご紹介をいたしております。

フェイスリフトの名医・医師選びとカウンセリング

今回ご紹介したようなフェイスリフトの失敗や修正を避けるためには名医を選ばなければなりません。

毛包斜切開ができるかどうか

頭髪内のハゲを考慮しますと、毛包斜切開・毛包斜切断法ができる医師でなければハゲによる失敗が考えられます。形成外科認定医が習得している技術で、更にこだわる医師の場合、極細糸による縫合が可能となります。

フェイスリフトの名医を相談したい方はお気軽にお問い合わせください。全国の病院の中から手術別に最適な名医をリストアップいたします。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

“フェイスリフトの失敗・修正・再手術【失敗確率6項目グラフあり】” への1件のコメント

  1. けい より:

    マリオネットライン ゴルゴライン
    こめかみのくぼみ、頬のこけが気になる52さいです。ウルセラと注射の組み合わせか、メス入れるフェイスリフトの上手い医師を探してます。
    札幌の医師を探してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*