修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

クレヴィエルの失敗・修正・再手術

クレヴィエルの失敗

最近、さまざまな美容外科で取り扱いが始まり、知名度を上げているクレヴィエル。メディアなどに取りあげられることも増えてきているので、効果や料金、ダウンタイムなどが気になっているという人も多いのではないでしょうか。

以前に注入のプチ整形、ヒアルロン酸の注射を受けたけれど思ったような効果が出なくて失敗してしまった、という人でも、クレヴィエルで効果を実感することができる人は多いです。

濃度が高いため、注入したい部分にピンポイントで注入することができるので、結果が出易いのです。

このように、クレヴィエルは、注入したヒアルロン酸をなるべく長持ちさせたいという時や、あごや鼻をくっきりと高くしたいという時、顔の形をしっかりと整形したいという時にはぴったりの方法です。

また、年齢を重ねることによって出てきたほうれい線や皮膚のたるみの解消にも効果的です。

しかし下手なクリニックで手術を行うと、クレヴィエルの注入で感染が起きてしまうこともあります。

切開する必要がなく安全性が高い方法で形を整えることができる術式ですが、医師が注意を怠ると小さな針の傷でも感染症を引き起し、炎症が続く可能性があります。使用される器具が清潔に保たれるとともに、注射前の消毒や注入後の対応も重要になります。

腫れが少ない特徴がある術式ですから、大きく腫れてしまったときは炎症が起きている可能性を疑い、すぐに施術を受けたクリニックでみてもらいましょう。

クレヴィエルの失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

クレヴィエルの口コミ・体験談・評判

クレヴィエルの口コミ

クレヴィエルは硬い素材ということで鼻筋に注入してもらいました。
鼻を高くする整形には適していると教えてもらいましたが、やはりプロテーゼに比べますと、ヒアルロン酸だとわかりますね。
プチ整形なので、これからもメンテナンスしていこうと思います。

クレヴィエルの症例写真・モニター

症例写真1

クレヴィエルの修正・再手術

痛みがある、腫れが引かない、注射跡が消えないなど、何らかの異常がある場合は名医に相談しましょう。

クレヴィエルの上手い医師・医者

シャープな形の鼻や顎形成をしたい方に向いているヒアルロン酸注入ですが、医師の症例数も経験している医師が少ないので、ぜひ名医を選んでください。
まず基本となる技術は変わりませんので、その名医の条件をご紹介したいと思います。お気軽にご相談ください。

クレヴィエルのお薦めの先生・病院のランキング

最近では、クレヴィエルを導入している名医が増えています。失敗のリスクやダウンタイム、アフターケアの方法、料金などが気になっているという時は、クリニックに行って名医に話を聞いてみると良いでしょう。

おすすめのクリニックで頬・顎・鼻など気になる部分をきれいに形成する

高さや形を整えるとき、優れたクレヴィエルによる形成は施術時間もそれほど長くなく受けやすい術式です。医師が血管を傷つけないように注意したり、デザインに合わせた適切な注入量を入れてくれないと失敗につながる可能性がありますから、術式に慣れていて万が一の対応もすぐにできる医師のもとで受けることが肝心です。

当相談所では、おすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、施術を希望する方はお気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正・再手術

クレヴィエルのトラブル・後遺症

術後のリスクについてご紹介いたします。

しびれ/フィラーが流れる/危険物質の材料がある/しこり/感染/感覚の麻痺/奇形/効果がない/吸収される/左右差/腫れ/内出血

クレヴィエルの効果・メリット

そもそもこれは、超高濃度のヒアルロン酸です。くっきりとした結果が出ることで有名です。皮膚の持ち上げ力がとても高いので、自然でしっかりとした整形ができ、さらに効果が以前のものと比べてとても長持ちするところに特徴があります。ヒアルロン酸自体の保存期限も長いので、使いやすいと言えるでしょう。

クレヴィエルの注入量が不十分で吸収される・持続効果が短い

ヒアルロン酸はもともと体を構成する成分で、いろなことに使われています。濃度が高く長持ちするクレヴィエルであっても、使われてしまうことがあるため、きれいに形を整えるときに注入量が不足していると短期間で吸収される・持続効果が短い結果になることがあります。

体質によって、代謝が良い人もすぐに戻ってしまうことがありますから、継続した効果を期待するなら再施術を行って、形を維持する必要があります。

クレヴィエルのリスク・デメリット

クレヴィエルには添加物が少ないという特徴もあります。化学的な添加物が少ないことによって、副作用や、注入した後の腫れなどの失敗のリスクを減らすことができます。

もちろん、注射針が最新のものでない、ヒアルロン酸が体に合わない場合は失敗する可能性もあります。
しこりや凸凹もよくある失敗例です。

クレヴィエルのリスクは避けられない!?しこり・石灰化になるのはなぜ?

クレヴィエル注入の失敗でしこり・石灰化

鼻やあごの高さや形を整えたいとき、高濃度ヒアルロン酸であるクレヴィエルを注入すると形を整えやすく持続させる効果も長い特徴がありますが、この特性が関係してしこり・石灰化が起こることがあります。長期間異物があると体が判断すると体外に排出しようとして、異物を包み込んでしまうからです。

医師が注入するときに細心の注意を払ってくれず出血したり、量が多すぎると余計に反応するようになるため、丁寧な施術をする医師に行ってもらうことが肝心です。

 

実は安全ではないクレヴィエル

団子鼻など鼻の形が気になる時、顎の丸みを変えたいと思っている時に用いられる手術がクレヴィエルの注入です。顔にメスを入れるわけではなく注射だけで済むので人気があります。

しかしいくつかの問題も起きています。まず、しこり・石灰化が生じる点です。クレヴィエルは硬いヒアルロン酸であるため、手術が上手くいかないと顔にしこりが残ってしまう恐れがあります。

思ったより短い持続期間

二つ目はヒアルロン酸の吸収される・持続効果が短い点です。たしかに他のヒアルロン酸と比べ持続期間は長い方です。
それでも他のヒアルロン酸が2・3か月から半年程と言われているのに対してクレヴィエルは1年ほどです。

持続期間が延びたといっても、それほど大きな差はないと言えます。10万弱の料金を払ってこれでは不満に思う方もいるでしょう。

感染するってどういうコト?クレヴィエルのデメリットはどうすれば回避できるのか

注入した部位から感染のリスクもあり。

クレヴィエルの注入によって、体調不良の際に注入した箇所が赤く腫れあがることがあります。手術の際に使用した注射針や薬剤に細菌が付いている可能性があり、それにより患部に痛みが残ることがあります。

各医院で殺菌処理はしていますが、生理など体調不良の時は感染の危険性が高まります。メスを入れなくともリスクは存在します。

クレヴィエルのダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

ダウンタイムも比較的短いので、肌への負担は少ないです。アフターケアをきちんと行うことで、副作用のリスクをぐっと減らすことができます。

クレヴィエルの料金・値段・費用・相場

料金は約七万円前後となっています。

クレヴィエルの名医・医師選びとカウンセリング

ヒアルロン酸の症例数が多い病院を選んでいただければ、肌が弱いという人や、美容整形をあまり行ったことがなくて心配だという人でも、安心して施術を受けることができるでしょう。

リスクを減らし正しい美容を

この手術は他のヒアルロン酸注入と異なり、修正に他より長い期間を必要とします。鼻や顎を綺麗に整えたい人も、やはりまずは専門家から話を聞き判断を仰ぐことをおすすめします。

ほうれい線やしわが気になる、鼻や顎のラインアップをしたい方は当相談所をご利用ください。

こちらではそのような方におすすめの美容外科をご紹介しています。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*