修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

額形成の失敗・修正・再手術を経過体験談17名から分析

おでこ整形・額形成によって、窪んでいる額に丸みを出すことが可能で、彫りの深い印象の顔になることが出来ます。

額を形成するために、皮膚を一旦切除し、そこに形成剤(セメント)を挿入します。

セメントの量は希望に応じて調整することができ、段差や凹凸の改善をはじめ、丸みのある額の形成、そして欧米風の彫りの深い顔立ちに仕上げられるわけです。

形成剤の種類としては、通常のセメントのほかに、プロテーゼ(シリコンプレート)や脂肪注入、そしてハイドロキシアパタイトなどが用意されています。

加えて、状態に応じた注入施術を併用することで、理想の額に近づけられるわけです。

額形成の失敗

額形成は、女性らしい輪郭・フェイスラインを形成するのに非常に良い治療で、凹んでいる額に丸みを出し、前に出すことにより外国人のような堀の深い印象を与えられます。

額形成の目的は、その程度によって大きく分けると、
・額の段差、凸凹を改善する (SMALL)
・ふっくらと丸みのある額を作る (MEDIUM)
・西洋人的な彫の深い顔を作る (LARGE)
の三つがあります。

額の形を良くする美容整形としては、全額形成術と言われており、施術にはいくつか種類があります。
セメント
プロテーゼ(シリコンプレート)
・脂肪注入
アパタイト など

様々な注入治療や補填治療を施す事で、理想とする形状に近づく事が出来ます。

代表的な失敗例としては、額形成の脂肪注入やハイドロキシアパタイト系の治療で懸念されるのが「デコボコ」です。定着率や注入技術によりデコボコになってしまう可能性があります。

また、セメントやプロテーゼ系の治療で懸念されるのが、禿げや挿入物の輪郭が分ってしまう、デザイン通りにいかなかったなどの失敗例があります。統計グラフの通り、効果が無いという失敗率が最も高くなっているのは、ヒアルロン酸注入やレディエッセ注入の吸収が多いためと分析できます。

額形成の失敗・修正・再手術

例えば、美容外科の中にはカウンセリングも5分で終了し、手術後のアフターケアもしない病院があります。
そういった病院では、術後のトラブルが多く報告されており、当相談所にも修正したいと言ったご相談が寄せられております。

ですので、額形成の失敗を回避するためには、技術が高い病院・先生を選択しなければなりません。

額形成の手術は人気の治療方法です。このサイトではこれらの治療において起こり得るトラブル・リスク・デメリット・後遺症を解説し、名医をご紹介致しております。

額形成の口コミ・体験談・評判

額形成の失敗・修正・再手術

額形成の口コミ

額形成を失敗してしまって表面の皮膚がぼこぼこになってしまいました。
アパタイトはでこぼこして触感というか肌感が悪く、修正もしづらいということで落ち込んでいます。

額形成の症例写真・モニター

症例画像①

額形成の修正・再手術

額形成を失敗してしまった方への修正方法としては、再手術等を行います。

膨らみが足りない、凹凸や左右差が出てしまった場合は、ヒアルロン酸を注入して膨らませたりします。

イメージと違う、輪郭が浮き出るなどの場合、再度手術をして骨セメントやプロテーゼを抜去入れ替えるなどの施術で修正します。

額形成の失敗を回避するためには、レントゲンを使って術前にしっかりとした手術計画を立てられる名医を選択出来るかどうかにかかっています。こだわる名医は模型から作ってくれたり、ダブルライセンスのドクターもおられます。

”なんちゃって輪郭専門医”には十分注意してください。

術前検査をしっかりと行ってくれるクリニックを選択する事も前提となります。

修正が出来るかどうかをまずは判断しなければなりませんので、セカンドオピニオンをお薦め致しております。
勿論、その際は、技術が高い先生・病院を選ばなければなりません。

一度、内部組織が崩れてしまうと修正・再手術を難しくしますので、失敗しない先生・病院を選択して頂く事が大切です。

おでこ整形・額形成の修正地獄を避けるためには

おでこ整形は、高い施術技術を要するので、未熟な医師が行なうとかえって悪い状態になります。

特に、脂肪注入やハイドロキシアパタイト挿入では、おでこの表面が凸凹状態になる可能性があります。

未熟な医師の場合は、定着率や注入技術に関する知識が浅いため、適切な調整を行えないためです。

また、セメントやプロテーゼの挿入では、形成剤の輪郭が表面に浮いて出たり、その部分が禿げたりする場合もあります。

未熟な医師がそれらを修正しようとすると、益々、状態が悪化してくることになります。

加えて、未熟な医師の場合は、施術上の感染リスクについても配慮が足りないので、感染症を発症してしまう場合もあります。

額形成の上手い医師・医者

セメント、アパタイト、プロテーゼ、ヒアルロン酸注入などの手術バリエーションが豊富なドクターであれば程度によって、手術の方法を選択することができます。

上手い医師であれば、凹凸をできる限り回避することができますのと、丸みを帯びた額を作ることができます。

上手な医師・クリニックの特徴

おでこ整形・額形成においては、頭蓋顎外科手術に習熟した医師に依頼することが何よりも大切です。

扱う材料や施術法に関しては、クリニックによって違いがあり、豊富な実績を有するところが、おすすめのクリニックです。

実績が豊富であれば、美的センスも磨かれており、安心して任せることができるからです。

特に、眉毛上の隆起を改善する手術は難易度が高く、医師の技量差が現れやすくなっています。

スキルの高い医師は、業界内でも高い評価を得ているので、調べれば簡単に検索することが出来ます。

また、カウンセリングにも充分に時間をとってくれるので、納得して手術を受けられるわけです。

おでこ整形・額形成術の中で、比較的に手軽だとされるのが、ボトックス注射によるものです。

額の前頭筋にボトックス注射を行い、シワを改善を図るもので、若返り効果が期待できます。同じく、手軽な施術法としてヒアルロン酸注射があります。

これも、シワの改善効果が期待できる方法ですが、時間とともに吸収される側面があります。

これらに対して、シリコンプロテーゼ挿入法では、一度の施術で額を形成でき、傷口も小さくて済むメリットもあります。

熟練の医師が行えば、プロテーゼの形が浮き出ることもなく、自然な仕上がりになるわけです。

額形成のお薦めの先生・病院のランキング

額形成を成功させるためには、修正・再手術に限らず技術が高い先生・病院を選択しなければなりません。

失敗を回避するためには極細糸の使用や顕微鏡下器具などを使用出来る名医を選択しなければなりません。

ご相談窓口でお薦めの先生・病院をご紹介いたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正と効果

額形成のトラブル・後遺症

輪郭形成における失敗・トラブルがあります。詳細なリスク・デメリット・後遺症をチェックしておいてください。

切開部の傷あと/術後の痛みと内出血と腫れ/知覚麻痺としびれ/変化が少ない/脂肪注入で膨らみすぎる・しこり/顔の脂肪吸引で凸凹になる/輪郭形成でたるみが出る/感染/化膿/顎がしゃくれる/とんがり顎・宇宙人の様な輪郭になる/レントゲンやCTにワイヤーやチタンがうつる/プロテーゼがずれる/上顎・下顎前突

額形成の効果・メリット

額形成のメリットは額をきれいにしたり凸凹を改善する効果です。

美容整形の手術が成功した際の効果・メリットは大きく、一生を左右する財産となります。

なので適切な医師選びが大切なのです。

額形成のリスク・デメリット

額形成にはリスク・デメリットがつきものです。

それを説明しない医師が多いので手術後にクレームが起こってしまいます。

このサイトを通してリスク・デメリットを知り、失敗・修正のない医師選びをしてください。

額形成のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

額形成にはアフターケア・メンテナンスがつきものです。

アフターケアとメンテナンスは病院の本当の対応がわかる部分です。

当相談所では、評判の良い病院を優先的にご紹介いたしております。

額形成の料金・値段・費用・相場

額形成の料金・値段・費用・相場は技術力により変わってきます。

プチ整形の場合には数万円~10万円程度、本格的な美容整形の場合には高い料金になることもあります。

名医の条件をすべて満たすような認定医を選択しますと、料金が上がってくる傾向があります。

当相談所では、予算に応じた名医のご紹介をいたしております。

額形成の名医・医師選びとカウンセリング

今回ご紹介したような額形成の失敗や修正を避けるためには名医を選ばなければなりません。

額形成の名医を相談したい方はお気軽にお問い合わせください。

全国の病院の中から手術別に最適な名医をリストアップいたします。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

おでこ整形・額形成において、最も注意したい点は、プロテーゼなどの挿入剤が浮き出てこないことです。

未熟な医師だと、時間と共に輪郭がはっきり浮き出てしまい、修正が必要になるからです。

また、骨セメントを使ったおでこ整形では、液剤と粉剤の配合がポイントとなり、微妙な調整が必要となります。

それに関しても、熟練した医師なら適格に調整を行えるので、眉間等の細かな箇所も、希望通りの仕上がりに出来ます。

そして、プロテーゼの挿入においても、調整を加えながら、最適な位置に入れることが出来ます。それ故、後で修正が必要になる心配もないわけです。

おでこ整形・額形成の手術では、色々なリスクが伴うので、実績が豊富なクリニックを探すことが大切です。

特に施術前の麻酔では、未熟な医師が行なうと、知覚麻痺を起こす場合があります。

おでこ整形手術では、おでこや後頭部に近い皮膚を切開するので、全身麻酔を施すことになります。

その為、術後には程度の差はあるものの、多くの患者が知覚麻痺の症状が出ます。

但し、通常は時間経過と共に、症状が収まってきます。それでも、麻酔スキルがない医師が行なうと、いつまで経っても症状が解消されないこともあります。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*