修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

ボトックス注入法の失敗・修正・再手術

ボトックス注入法の失敗

美容クリニックで人気の施術の一つにボトックス治療法があります。ボトックスは、筋肉の動きを弱めるという力がある成分であり、これをいかして美に対する効果的な治療が行われていますが、わきが・多汗症に対する治療にもボトックス注射が有効です。

しかし、ボトックス注射による多汗症治療は、効果が永久に続くものではありません。定期的に注射が必要です。

ボトックス製剤には、ボトックスビスタ、ディスポート、ゼオミン、ニューノックスなどがありますが、韓国製、中国製の非常に安価な薬剤を使用しているクリニックもあります。
効果が得られず失敗となってしまうケースもあります。薬剤の品質や信頼のおけるクリニックを選択しましょう。

効果が得られない場合の治療には、レーザー治療、グランドシェービング法ミラドライ切除法などがあります。

ボトックス注入法の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

ボトックス注入法の口コミ・体験談・評判

ボトックス注入法の口コミ

ボトックス注入法をしてわきがの治療をしましたが」、1か月で再発してあまり効果が得られませんでした。また、注射跡がなかなか消えず後悔しています。失敗ですよね。。確かに9800円で安すぎると思ったんですが、真からこういう副作用があるとは予想できませんでした。

ボトックス注入法の症例写真・モニター

症例写真1

ボトックス注入法の修正・再手術

わきだけでなく、顔であればたった1ミリであっても印象が変わるものであり、名医の腕によっても自分の顔が違ってくることになります。もしも失敗してしまった時には、また手術を受けることにもなってしまいます。

ボトックス注入法の上手い医師・医者

下手な医師だとリスクとしてしわの改善が十分に行えなかったり、期待した効果を実現できないこともあります。
なので、ボトックスをされる際には十分に注意してクリニックを選んでください。

ボトックス注入法のお薦めの先生・病院のランキング

こうした治療は高い効果が期待できますが、やはり失敗のリスクもありますので、名医に対応してもらうことが大切です。
まずはボトックス注入法を得意としているクリニックを探し、症例数などもしっかりチェックしておきましょう。

美容整形の失敗・修正・再手術

ボトックス注入法のトラブル・後遺症

後遺症としては下のようなリスクが挙げられます。

味覚性発汗/感覚のしびれ/代償性発汗/匂いの再発/多汗の再発/効果がない/傷跡/汗腺の取り残し

ボトックス注入法の効果・メリット

ボトックス治療法なら、ダウンタイムもないので誰にも気づかれないうちに悩みを解決することができます。ただし、成分は徐々に体に吸収されてしまうために外科手術のような半永久的な効果はありませんが、その一方で失敗の心配がなくアフターケアの必要もないのでとても手軽です。

ボトックス治療法は、ボトックス成分を注射で注入するだけなのでとても手軽な治療法です。体にメスを入れることもないのでダウンタイムもなく、注入後には化粧をしてそのまま帰宅できるケースもあります。

ボトックス注入法のリスク・デメリット

ボトックス注入法を受けてもにおいの消えない場合があるというリスクがあることを十分に認識しておくことが必要です。

ボトックス注入法のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

アフターケアに手間を取られることもなく、もしも名医とは言えない医師にあたってしまって思っていたのと仕上がりが違って失敗してしまったという場合でも、元に戻るのでリスクは低く安心です。

ボトックス注入法の料金・値段・費用・相場

リスクが高く施術料金も高額なものであり、仕事をしている人であればダウンタイムもあるので仕事を休むわけにもいかないという人も多いものです。

ボトックス注入法の名医・医師選びとカウンセリング

失敗してしまう原因はクリニック選びが間違っているということがあげられます。こうした治療は料金もそれなりに必要ですので、できるだけ料金は抑えたいところですが、ただ安いからと選んでしまわず、名医と呼ばれる医師が担当してくれるかよく確認しておきましょう。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*