修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

フォトRFの失敗・修正・再手術

フォトRFの失敗

フォトRFは、。IPL(インテンス・パルス・ライト)という光エネルギーとRF(高周波エネルギー)を用いたミ取りをとる治療器のことです。

シネロン社が開発したRF系の治療器には、オーロラEライトがあります。

美肌効果が高い美容医療機器ですが、失敗と感じるのは痛みです。その痛みの失敗が出るのは、事前の処理を怠っていることにあります。美肌効果を高く発揮しますが、同時に脱毛の効果も持っている医療機器です。

強い痛みのリスク回避のために、治療を受ける前にはシェービングをしておくことです。こうしたことに関しても、名医であれば事前に痛みに関しても、キチンとアドバイスをくれるでしょう。

フォトRFは切らない美容医療の技術ですので、人に会えないくらいのダウンタイムはありません。ダウンタイムはないですから、施術を受け後も、普通の生活を送ることができます。

フォトRFの失敗・修正・再手術

フォトRFの口コミ・体験談・評判

フォトRFの口コミ

フォトRFで顔のくすみを改善しましたが、定期的な照射が必要だと感じました。
激変はしなかったです。

フォトRFの症例写真・モニター

症例写真1

フォトRFの修正・再手術

手術の経験も多く、学会研究なども行っているような名医を探すことが大事です。それによって失敗も避けられますし、非常に良い効果が出るでしょう。

フォトRFの上手い医師・医者

フォトRFでもあっても、クリニック自体の麻酔専門医の管理体制が重要になることがあります。
治療時間の十分な確保などができている病院・名医を選択した方がフォトRFのクオリティは上がります。

フォトRFのお薦めの先生・病院のランキング

照射を得意とする名医もいますので、お肌を美しくするためにも診察を受けてみることです。

美容整形の失敗・修正と効果

フォトRFのトラブル・後遺症

トラブル例の一覧をご紹介いたします。

脱毛・はげ/感染/化膿/フェイスリフトの糸の露出/壊死/しわが改善しない//ギャザーたるみに効果が無い/リフトアップの左右差/法令線・ゴルゴ線に効果が無い/傷のケロイド/顔面神経麻痺/症状が不自然/突っ張り感/引きつり感/頬のしびれ/知覚麻痺/耳たぶの変形/凹みと凹凸/異物感/アレルギー/毛嚢炎/腫れ/内出血/痛み/外反/三白眼

フォトRFの効果・メリット

フォトRFの治療によって、スペシャルなスキンケア効果を得ることができます。医療機関のみでできる美容医療の方法で、あらゆる肌トラブルに対応できる、まさに万能なフェイシャルケアを実現化します。シミやソバカスをはじめ、しわやくすみ、毛穴の開きやたるみ、ほくろなどの改善にもなります。

フォトRFのリスク・デメリット

ほかのリスクが高い美容整形より、無駄なダウンタイムも長引きません。しかしリスクになってしまうのは、ムダ毛の処理を怠っている場合です。照射をする時には、肌に多量の刺激という痛みを感じます。黒い色に反応を示しますので、うぶ毛やムダ毛がそのままだと、余計に痛みが強くなります。

フォトRFのダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

フォトRFのアフターケアでは、肌が良い状態に向かいますので、自宅でのお肌の水分補給などをしましょう。肌を清潔にして、アフターケアではいつもよりも、たっぷりの水分や美容成分を、肌へと浸透させることです。

フォトRFの料金・値段・費用・相場

フォトRFにかかる1回あたりの料金は、3万円から6万円ほどになります。1回あたりの料金はこれくらいですが、より高い効果を目指すためにも、数回の施術を重ねることが多い美肌治療方法です。

フォトRFの名医・医師選びとカウンセリング

名医を探すには、クチコミの評判を確かめたり、実績をきちんと公開している医療機関を積極的に選ぶ方法があります。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*