修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

エランセの失敗・修正・再手術

エランセの失敗

注入材の中で代表的なのがヒアルロン酸ですが、エランセは通常のヒアルロン酸と同様に、肌の中に注入してへこんだ部分をふっくらさせてシワを改善させる効果がありますし、メスを使わないため安全ですし、身体に負担がかからないのも大きな魅力のひとつです。しかし、ヒアルロン酸が長く効果を保てないのが難点だったのに対し、エランセは最長で4年まで効果を長持ちさせることが可能なのです。それは主成分のPCL(ポリカプロラクトン)によるものです。

PCL(ポリカプロラクトン)とは、手術する際に使用される溶ける糸を細かい球体にした成分であるため、最終的には体内にすべて吸収されます。そのため、異物が体内に残ることもないので安心です。そして、自己コラーゲンの生成を促す力もあるので、違和感のない自然な仕上がりを保つことが出来るのです。ただし、リスクも存在します。

例えば注入しすぎて顔が膨らみ過ぎてしまったというような失敗をしても、効果が切れるまで待つしかないというリスクがあります。それを回避するためには、失敗の無い名医の施術を受けることです。

エランセの失敗・修正・再手術

エランセの口コミ・体験談・評判

エランセの口コミ

A美容外科で6年くらい前に、両目尻に、すすめられてエランセを注入してしまいました。去年11月に左目尻にしこりができ、今年2月に形成外科で摘出しました。

エランセの症例写真・モニター

症例写真1

エランセの修正・再手術

手術の経験も多く、学会研究なども行っているような名医を探すことが大事です。それによって失敗も避けられますし、非常に良い効果が出るでしょう。

エランセの上手い医師・医者

エランセは長期型ですから、一度納得がいかないと、修正が厄介になってしまいます。
臨床例が多くある信頼できるクリニックで納得のいく治療をするために最も大切なポイントです。

エランセのお薦めの先生・病院のランキング

経験豊富で知識の多い名医が必要ですが、エランセはまだ日本では歴史が浅いので、ヒアルロン酸やレディエッセなど、他の注入材も評価の高い名医を探すと良いでしょう。

美容整形の失敗・修正と効果

エランセのトラブル・後遺症

トラブル例の一覧をご紹介いたします。

脱毛・はげ/感染/化膿/フェイスリフトの糸の露出/壊死/しわが改善しない//ギャザーたるみに効果が無い/リフトアップの左右差/法令線・ゴルゴ線に効果が無い/傷のケロイド/顔面神経麻痺/症状が不自然/突っ張り感/引きつり感/頬のしびれ/知覚麻痺/耳たぶの変形/凹みと凹凸/異物感/アレルギー/毛嚢炎/腫れ/内出血/痛み/外反/三白眼

エランセの効果・メリット

女性の多くには「もっとハリや弾力のあるふっくらとした肌になりたい」という願望がありますが、女性のそんな願望を叶えてくれるのがエランセです。エランセは日本ではまだ2012年に施術が開始したばかりの注入材です。

エランセのリスク・デメリット

ヒアルロン酸と違って溶解剤が存在しないので、もし失敗してもやり直すことが出来ないという点です。

エランセのダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

ダウンタイムのアフターケアですが、ダウンタイムがほとんど必要ない人もいますが、体質や医師の技術によって多少違うので、ダウンタイム期間に腫れや内出血が見られた場合は、冷やしたり処方された鎮痛剤を服用したりなどのアフターケアをする必要があります。

エランセの料金・値段・費用・相場

料金は1ccあたり10~20万円程ですが、部位や状態によっても違いますし、期間が長いほど料金も高くなります。エランセはまだ日本では新しい注入材ですが、ヒアルロン酸と比べて頻繁に施術を受けなくていい分、負担も少なく安全に、ふっくらとしたハリのある肌を手に入れることが出来ます。

エランセの名医・医師選びとカウンセリング

エランセの経験が豊富で高い技術を持った名医の治療なら、失敗のリスクも少なくて安全です。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*