修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

PRP療法(ACR療法)の失敗・修正・再手術

PRP療法(ACR療法)の失敗

PRP療法とは、ご自分の血小板を使用した皮膚のエイジングケアです。

自分の血液から高濃度血小板血漿を抽出し、老化した皮膚に注入します。注入された血小板からさまざまな成長因子が放出され、しわ・たるみのエイジングケアや、にきび跡が改善されます。再生医療のひとつです。

顔の小ジワや法令線に対する若返り治療の注入材として、ヒアルロン酸脂肪注入、PRPなどがありますが、PRPは注入後2週間経たあたりから徐々に効果が出はじめ、3か月ほどでピーク長ければ3年近く効果が持ちます。

女性は、いくつになろうとも、若さを維持し、美しくありたいと願います。しかし、年を重ねるとともに、大切なお肌には次々と老化のサインが現れ始め、若かりし日の美しさが失われていくことを、憂鬱な気分で見つめている方も少なくありません。何とか改善しようと、手当たり次第にスキンケアコスメやサプリメントを買い求め、お手入れに力を入れている方もいますが、そういったものでは追いつかず、失敗を繰り返している方も多いことでしょう。

短期間で確実に美肌を取り戻したいのであれば、美容治療を受けることをお勧めします。美容クリニックでは、色々なアンチエイジング治療を行っており、効果の高さや料金、ダウンタイムやリスク、アフターケアなど、あらゆる角度から総合的に比較して、どういった治療法が自分に適しているのか、といったことをしっかりと見極めることが、失敗を避けることにもつながります。PRP療法(ACR療法)の失敗・修正・再手術

PRP療法(ACR療法)の口コミ・体験談・評判

PRP療法(ACR療法)の口コミ

しわが強くなってきているのですが、ヒアルロン酸注入では効きませんでした。
PRP療法、長期型のヒアルロン酸注入の施術の名医をご紹介いただけますでしょうか。
これはちりめんじわにはとても効果があると聞いたので。PRP療法(ACR療法)の失敗・修正・再手術

PRP療法(ACR療法)の症例写真・モニター

症例写真1

PRP療法(ACR療法)の修正・再手術

手術の経験も多く、学会研究なども行っているような名医を探すことが大事です。それによって失敗も避けられますし、非常に良い効果が出るでしょう。

PRP療法(ACR療法)の上手い医師・医者

PRP療法(ACR療法)を成功させるためには、最新式の医療機器を扱っているクリニックや、形成外科認定医がいるクリニックをオススメいたします。
たるみやしわの治療は奥が深いので熟知した名医がベターです。

PRP療法(ACR療法)のお薦めの先生・病院のランキング

名医がいるクリニックの条件として一定数以上の症例や実績があるところを選びましょう。また、カウンセリングの際にきちんと詳細を説明してくれるか、保証やアフターケアはしっかりあるかなどを確認して選べば、失敗するリスクを格段に減らすことができるはずです。

美容整形の失敗・修正と効果

PRP療法(ACR療法)のトラブル・後遺症

トラブル例の一覧をご紹介いたします。

脱毛・はげ/感染/化膿/フェイスリフトの糸の露出/壊死/しわが改善しない//ギャザーたるみに効果が無い/リフトアップの左右差/法令線・ゴルゴ線に効果が無い/傷のケロイド/顔面神経麻痺/症状が不自然/突っ張り感/引きつり感/頬のしびれ/知覚麻痺/耳たぶの変形/凹みと凹凸/異物感/アレルギー/毛嚢炎/腫れ/内出血/痛み/外反/三白眼

PRP療法(ACR療法)の効果・メリット

PRP療法(ACR療法)の若返り効果は、じわりじわりと現れるので、周囲にばれてしまう心配はありません。効果はアフターケアによって差はありますが、おおむね一年以上持続するといわれており、同じような若返り効果が期待できるヒアルロン酸注入に比べると、料金は若干高くはなるとはいえ、コスパには優れています。

PRP療法(ACR療法)のリスク・デメリット

ダウンタイムを抑え、きれいな仕上がりにするためにも失敗のない医師選び、クリニック選びをすることは重要です。

クリニックを選ぶときも、名医と呼ばれる医師が担当してくれるか、アフターケアがどのように行われているのかもしっかり確認し、安心して依頼できるクリニックを選びましょう。

PRP療法(ACR療法)のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

数ある若返り治療法の中でも、美容外科の名医がお勧めするPRP療法(ACR療法)は、自身の血漿を使用するので、副作用やアレルギー反応のリスクが全くなく、腫れなどのダウンタイムも一日、二日で済みます。

PRP療法(ACR療法)は、採血を行い、気になる部分に注入するだけで済むので、患者サイドには負担はほとんどありません。まれに内出血などが現れる体質の方もいますが、翌日からメイクもできるのでダウンタイムの心配もありません。

PRP療法(ACR療法)の料金・値段・費用・相場

注入にかかる料金は注入する量や本数によっても異なりますが、1箇所20万円前後となっています。それよりも安い料金で行っているクリニックもありますが、安さだけで決めると思わぬ失敗に巻き込まれたりと非常にリスクが高いです。

PRP療法(ACR療法)の名医・医師選びとカウンセリング

このPRP療法(ACR療法)を取り扱う美容クリニックは多々ありますが、やはり失敗のリスクを減らすには、経験値の多い名医に依頼することと、カウンセリングで希望する仕上がり具合をしっかりと伝えることが重要です。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*