修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法の失敗・修正・再手術を経過ブログから分析

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法の失敗

入れ墨は暴力団の構成員が箔をつけるために入れるものでしたが、海外のセレブがおしゃれとしてタトゥーを体に入れたことから人気になり、日本でもその影響が広がって、若い人を中心にファッション感覚でタトゥーを入れるひとが少なくなりません。

しかし日本ではまだ海外ほどにはタトゥーや入れ墨に寛容ではなく、大衆浴場やプールに入るときは、入れ墨が入っている人は断られることがありますし、入れ墨部分を肌色のテープなどで隠さなければ入れないことがあります。

小さな子供と一緒にプールに入れない、タトゥーが入っていることで交際相手の家族から結婚を反対されるという理由から、タトゥーや入れ墨を消したいと考える人が増えています。

タトゥーや入れ墨は一度入れてしまうと消すのが難しいという現実があります。除去する方法として、レーザー除去 皮膚移植法など様々が方法があります。除去方法の1つが、タトゥー・入れ墨 切除縫縮法です。

短時間で施術できて、施術料金も安めという特徴をもっていますが、1回の手術で除去できる大きさが限られているので、大きめの入れ墨の場合は、複数に分けて施術を受ける必要があります。

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法は、皮膚を傷めないためにも大きな入れ墨の場合は、3か月から半年ほどに1回のペースで切除手術を行います。

タトゥー・入れ墨 レーザー除去の失敗・修正・再手術

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法の口コミ・体験談・評判

30代 女性の口コミ タトゥー・入れ墨 切除縫縮法

切除縫縮法は傷跡がドッグイヤーのように残るとあり、躊躇していたのですが、最も広範囲に適しているということで手術をしました。今のところ、経過には問題ありません。

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法の症例写真・モニター

症例写真1

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法の修正・再手術

タトゥー除去効果がありますが、失敗した場合は再手術をしなければなりません。

絶対に失敗が無いとは言い切れません。タトゥー・切除法を受けた後に、違和感や不快感が続いている、またはダウンタイムを過ぎても傷の経過が改善されない場合は名医のいるクリニックへ相談してみましょう。

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法の上手い医師・医者

失敗してしまうと引き連れを起こして、腕が上がりにくくなってしまうこともあります。
傷跡のリスクが起こる事もありますから、上手な医師のもと、カウンセリングをしましょう。

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法のお薦めの先生・病院のランキング

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法は失敗するリスクもありますから、名医を選ぶ必要があります。

美容整形の失敗・修正と効果

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法のトラブル・後遺症

失敗とトラブル&リスクとデメリットと後遺症をご紹介致します。

何度レーザーを当てても消えない/引きつり感/感染/化膿/凹凸/傷の段差/凹み/皮膚の表面の凹み/突っ張り感/傷跡/刺青の取り残し/火傷跡

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法の効果・メリット

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法は、入れ墨が入っている皮膚を切除して皮膚を縫い合わせる方法で、小さな入れ墨やタトゥーであれば1回の治療で除去効果があります。

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法のリスク・デメリット

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法は麻酔をしたり肌を切って縫い合わせる手術ですから、肌が腫れるリスクや痛みが生じるリスクがあります。

タトゥー・刺青 切除縫縮法のデメリットには気をつけて!ドッグイヤー(dog ear)って何?

除去を検討している方はドッグイヤー(dog ear)について知ろう。

ドッグイヤー(dog ear)とは、皮膚を切開した後に縫合した際に出来る山状のケロイドを指します。レーザー除去では対処が出来ない場合にタトゥー・刺青 切除縫縮法を行うため、切除部位も大きくなります。

傷跡やケロイドとして目立つ事がありますが、ドッグイヤーの場合では更にケロイドの状態が強い事を意味します。
皮膚を縫合する際の技術が低い場合に起こりやすくなるため、大きいサイズの刺青などを除去する際には注意が必要です。

タトゥー・刺青 切除縫縮法は傷跡・ケロイドが残る可能性が高いのか

傷跡・ケロイドが残る可能性が高く、ドッグイヤー(dog ear)と呼ばれるケロイドが出来てしまう可能性もあります。特に傷跡やケロイドが強く残ってしまう傾向として、縫合技術が低い場合に起きる事があります。

タトゥーや刺青を除去したい場合には、症例の数や切除部分の経過を写真などで、明確に確認が出来るクリニックを選ぶ事が大切です。
強い傷跡・ケロイドが残る可能性を下げる為に縫合技術の高いクリニックを選びましょう。

術後の痛みはどの程度なのか把握しておこう

皮膚を切開する範囲がおおきいため、殆どの場合では痛みに関するアフターケアが必要となっています。ダウンタイムは約1ヶ月程度を目安にしていますが、刺青などの大きさによって変化するため、カウンセリング時などに確認をしておきましょう。

痛みに弱い方の場合には、必ず除去前に伝えておく事も大切です。伝えておく事で、使用する麻酔を合わせ、術後のアフターケアに関しても変化してくるので、不安要素は必ず伝えるようにしましょう。

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法のダウンタイム

施術後は腫れが引くまでのダウンタイムをしっかり置く必要があります。ダウンタイムのときに不用意に施術部分を触ったり傷つけたりすると化膿してしまう恐れがあります。ダウンタイムは激しい運動を控えて養生する必要があります。

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法の料金・値段・費用・相場

面積が小さい場合、1回の施術は数万円程度、完了までに必要な金額は50万円以下程度という料金でも可能となってきますが、面積が大きなタトゥーの場合、100万円以上必要になってくる事も少なくありません。

タトゥー・入れ墨 切除縫縮法の名医・医師選びとカウンセリング

名医を選べば、多少手術料金が高くても、綺麗な除去効果を得ることができますし、失敗が少なくアフターケアも万全です。アフターケアがしっかりしているクリニックは信頼できるといえます。

デメリットを最小限に抑えるためにおすすめの名医を紹介

レーザー除去とは異なりメスを使用した皮膚切開を行うため、傷跡又はケロイドとして目立つ可能性を考慮しておきましょう。サイズの大きいタイプや色素の濃い色の場合に適している除去法ですが、術後の痛みが長期的になるデメリットもあるので注意しましょう。

また、術後のアフターケアが充実したクリニックを選びましょう。
刺青などを除去したい場合には、縫合技術の高い名医を探す必要がありますが、自分では探せないという方は、当相談所までご相談ください。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*