修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

立ち耳形成の失敗・修正・再手術

立ち耳形成の失敗

耳の整形をする人も、目の整形鼻の整形口の整形、と同様に近年増えています。

立ち耳は、耳が正面を向いて、頭から離れているように見えている耳のことです。耳が横に張り出しているのが気になる、耳と顔のバランスが悪く見える、ヘッドホンをつけると痛い、など細かいことが悩みになります。

こういった悩みを解消するのが、立ち耳形成です。
施術方法には、埋没法と切開法の2種類があります。

埋没法による立ち耳形成は、耳に糸を埋め込みくせ付けをし、対耳輪の折れ曲がりを形成します。万が一デザインが嫌な場合はもとに戻すことができます。

切開法による立ち耳形成は、耳の裏側を切開して耳介軟骨をくさび型に切って縫い合わせて耳を寝かせます。切開しますが、耳の裏側なので傷跡はほとんど目立たず、効果が半永久的に続きます。

形が失敗しなかったとしても、衛生管理が不十分だと感染するリスクもあります。炎症が起きればダウンタイムが長くなる可能性もあります。失敗しないためにも、病院選びは慎重に行いましょう。

レーシックの失敗・修正・再手術

立ち耳形成のトラブル・後遺症

美容整形は高い効果を発揮しますが、下記の様なリスクも伴います。
理解して手術を受けられて下さい。

激変する/別人になる/ばれる/整形顔になる可能性がある/不自然/メンテナンス

立ち耳形成の口コミ・体験談・評判

立ち耳形成の口コミ

立ち耳でずっと悩んでいて、大学入学と同時に手術をしました。
形成外科ではなくて美容外科できれいにやってもらうことにしました。
ケロイドになってしまうのを防ぎたかったので、費用を高くしても名医にお願いしました。
傷跡は現在ほとんどわからないレベルになりました。

立ち耳形成の症例写真・モニター

立ち耳形成の修正・再手術

整形は失敗した場合、再手術が難しいことがありますから、整形にかかる料金が高くても名医を探すことが重要です。名医は丁寧に施術を行い、アフターケアも万全なので安心して任せることができます。

美容整形の失敗・修正・再手術

立ち耳形成の上手い医師・医者

技術が高いドクターを選ぶと、切開法にしてもほとんど傷跡は気にしなくて良いですし、縫合するのがメインなのでダウンタイムが短いのが特徴です。

ただし、医師によっては効果が出なかったり、デザイン能力が不十分で失敗してしまうといったリスクもあります。

立ち耳形成のお薦めの先生・病院のランキング

立ち耳形成を成功させるために、お薦めの先生・病院ランキングをご紹介いたしております。

立ち耳形成の失敗を回避するためには極細糸の使用や顕微鏡下器具などを使用出来る名医を選択しなければなりません。

ご相談窓口でお薦めの先生・病院ランキングをご紹介いたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正・再手術

立ち耳形成の効果・メリット

埋没法による立ち耳形成は耳介軟骨を折った状態で、透明の糸を軟骨のなかに埋め込んで折れ癖をつける手術です。

切らないので傷跡が残らないというメリットがあります。ただし糸をとってしまえば効果はなくなります。

立ち耳形成のリスク・デメリット

当日から洗髪、シャワー、入浴が可能なので、ダウンタイムもほとんどありません。

立ち耳形成のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

手術前のカウンセリングや検査と手術後の検査やアフターケアには少し時間がかかります。

具体的な施術の料金やダウンタイム・アフターケアや失敗・リスクの可能性についてもじっくり考えた上で実行に移すことが大切です。

立ち耳形成の料金・値段・費用・相場

立ち耳形成は、保険治療で3割負担の料金で受けることができます。その場合の料金は、片側43,000円程度、両側86,000円程度です。

立ち耳形成の名医・医師選びとカウンセリング

名医の条件というと施術中の技術力ばかり見てしまいがちですが、術後の経過で不安なことがあったときに、ちゃんとアフターケアしてくれることも名医の条件として必要です。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*