修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

ピアス穴修正の失敗・修正・再手術

ピアス穴修正の失敗

ファッションとして人気のピアスですが、ボディピアスを開けたいという方もいれば、中にはピアス穴修正を行いたいという方もいらっしゃいます。

たとえば就職活動や転職などの人生の転機や、穴の数や場所を修正したい、穴が広がりすぎて目立ってしまうなど理由は様々です。

外して過ごせば次第に穴は閉じるものですが、穴が大きすぎると綺麗に閉じないことがあります。

ピアス穴修正は麻酔をした上で手術を行います。時間は20分程度、複数ある場合は期間を設けて複数回行います。抜糸は5日前後で行い、ダウンタイムの期間は概ね3か月程度となっています。

血流が良くなると腫れが酷くなる恐れがありますので、数日か出来れば1週間はぬるめのシャワーか短時間の入浴がおすすめです。

ピアス穴修正の失敗・修正・再手術

ピアス穴修正のトラブル・後遺症

美容整形は高い効果を発揮しますが、下記の様なリスクも伴います。
理解して手術を受けられて下さい。

激変する/別人になる/ばれる/整形顔になる可能性がある/不自然/メンテナンス

ピアス穴の口コミ・体験談・評判

ピアス穴の口コミ

ピアス穴の修正手術を失敗してぼこぼこになってしまいました。
金属アレルギーの方みたくしこりができてしまったことで見栄えが悪くなりました。

ピアス穴修正の症例写真・モニター

ピアス穴修正の修正・再手術

サウナや熱い湯に浸かったりすることや、飲酒、喫煙、激しい運動は避けましょう。通常術後数日で腫れが引き、人によってはむくみや内出血が起こる場合がありますが、こちらも2週間程度で治まります。

腫れや痛みを抑える効果のある鎮痛消炎剤が処方されます。炎症や赤み、硬さが生じますが、徐々に治まり経過とともに目立たなくなってきます。

この頃には通常の生活に戻しても問題ないとは思いますが、違和感を感じたり腫れが酷くなったら中止し、医師の指示を仰ぎましょう。

うまくいかないと、修正手術が必要になってしまいます。

美容整形の失敗・修正・再手術

ピアス穴修正の上手い医師・医者

良い点、効果ばかり伝えてきて失敗する可能性などを言って来ないところは料金が安かったとしてもあまり利用しない方が無難でしょう。

ピアス穴修正のお薦めの先生・病院のランキング

ピアス穴は短時間の施術できれいにする効果を期待できますが、やはり美容医療には失敗という例もありますので、クリニックは慎重に選ぶことが大切です。

美容整形の失敗・修正・再手術

ピアス穴修正の効果・メリット

ピアス穴修正には目立たないよう縫合して整えることで元通りの状態に近づけるようにする効果があります。
耳は目立つ場所でもありますので、失敗は避けたいものです。

ピアス穴修正のリスク・デメリット

ピアス穴修正はリスクの高い手術ではありませんが、左右差が生じることがあります。

また、感染のリスクや体質によりケロイドが生じることも決してないわけではありません。

ですので腕の良い名医に担当してもらうことは失敗のリスクを減らすことにつながりますし、適切なアフターケアを行ってくれるクリニックを選ぶことは大変重要なのです。

ピアス穴修正のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

ダウンタイム中の過ごし方は仕上がりを決める上で大事なポイントです。生活制限を守ることで腫れを早期に治め、失敗を防ぎ、手術の効果を高めます。

過度に心配する必要はありませんが、ダウンタイムはたっぷり時間を取って無理をしないことが大切です。

ピアス穴修正の料金・値段・費用・相場

料金設定はクリニックにより異なりますが、出来の良し悪しは医師の腕にかかっていますので、低料金のみで選ばずにアフターケアのしっかりしたクリニックや実績のある名医を選択しましょう。

ピアス穴修正の名医・医師選びとカウンセリング

美しく自然に仕上げるためには、名医と呼ばれる医師に対応してもらうことが大切です。名医であれば、ダウンタイムもできるだけ短く、美しく仕上げてくれますので、クリニック選び、医師選びは失敗のないよう、慎重に選んでいきましょう。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*