修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

ひざの脂肪吸引の失敗・修正・再手術

ひざの脂肪吸引の失敗

ひざの脂肪吸引は皮下脂肪を取るために行いますが、脂肪吸引でデザインが悪くなってしまう事もあります。

他には、取り残しや取り過ぎなどのリスクがあります。

これらが失敗例ですが、ひざの脂肪吸引をするのであれば、症例数が多いドクターを選択するようにしてください。

当相談所に寄せられる体験談の中で、失敗例を統計的に処理いたしました。分析結果をご覧ください。

ひざの脂肪吸引の失敗・修正・再手術

ひざの脂肪吸引の口コミ・体験談・評判

ひざの脂肪吸引の失敗・修正・再手術

ひざの脂肪吸引の口コミ

私は太ももが脂肪で太ってしまい、ひざやふくらはぎも小学生の頃からバスケットをやっていて筋肉質、更に脂肪もついてしまっていまして、脂肪吸引で解消したいです。

ひざの脂肪吸引の症例写真・モニター

症例写真1

ひざの脂肪吸引の修正・再手術

ひざの脂肪吸引の再手術は、再度皮下脂肪を除去する手術を行います。

足の全体的なバランスを整える手術としては、他にも筋肉切除や筋肉削除術などがあります、

そのため、色々な痩身整形の術式を持っている名医を選んでいただく事が失敗を防ぐポイントとなります。

ひざの脂肪吸引の上手い医師・医者

ひざの脂肪吸引を行う医師や美容外科選びをする際は、これまでの実績数や満足の程度を出来るだけ口コミや学会研究の情報を集めておくことは欠かせません。注意が必要です。

ひざの脂肪吸引のお薦めの先生・病院のランキング

ひざの脂肪吸引では、管理体制がしっかりとしている病院を選んでください。

麻酔の専門医が、執刀医とは別についてくれる美容外科が良いです。

お薦めの美容外科をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。

美容整形の失敗・修正と効果

ひざ以外の脂肪吸引の部位・箇所

痩身治療できる部位・箇所は下記のとおりです。

顔、頬、顎、上腕、二の腕、胸部、背中、お腹(腹部)、ウエスト、腰(腰部)、お尻(臀部)、太もも、ふくらはぎ、ひざ、足首、足(脚)

ひざの脂肪吸引のトラブル・後遺症

仮に失敗をしますと、見逃せないトラブルが生じます。

跡が残る/脂肪吸引後のカニューレの傷跡/デコボコ/しびれ/痛み/皮膚がたるむ・たるみ/しみになる/ガードルによる圧迫で内出血/ギャザー/シワになる/脂肪の取りすぎ/脂肪が取れていない/再手術/感染/足が細くならない(太いまま)

ひざの脂肪吸引の効果・メリット・取れる量(cc)

ひざ上の脂肪吸引をすると足が綺麗に長く見える効果があります。

半永久的に痩身効果が期待できます。

半永久的とはずっとリバウンドしづらくなるという事を意味します。

ひざの脂肪吸引のリスク・デメリット

リスクやデメリットは凸凹(でこぼこ)、知覚障害、感覚が鈍くなる・しびれなどが想定されます。

最新の機器、例えばベイザー脂肪吸引によって、リスクは最小限になりますので、医師の技術と併せて機材の質に関してもこだわった方が良いです。

ひざの脂肪吸引のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

ひざの脂肪吸引後は、2週間程度のダウンタイムが必要となります。
スムーズに、違和感なく歩けるようになるまでに、少し時間がかかります。

成功してしまえばば、それ以後にメンテナンスについては必要ありません。

ひざの脂肪吸引の料金・値段・費用・相場

料金・値段・費用・相場はひざの脂肪吸引は30万円程度です。

太ももやふくらはぎの脂肪吸引と併せて行われるケースが多いので、組み合わせて治療が行われています。

その場合には、料金は合算となります。

ひざの脂肪吸引の名医・医師選びとカウンセリング

ひざの脂肪吸引では、症例数が多く、裁判症例などがある様な美容外科を避けて頂く事をお薦めいたします。

名医選びはホームページだけでは分からない情報も多いと思いますので、当相談所では名医の条件というものを設定したり、失敗確率の統計を取り、クリアしているかどうかを基に名医をご紹介しております。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントは受け付けていません。