修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

ふくらはぎの脂肪吸引の失敗・修正・再手術

ふくらはぎの脂肪吸引の失敗

ふくらはぎ整形、脂肪吸引のリスク知っっている方は少数です。

多くは皮下脂肪と筋肉の治療の差が理解できていないことが多く、カウンセリングで治療選択肢を提示された際に、困惑してしまう方も多いです。

リスクと隣り合わせなのでふくらはぎの脂肪吸引です。

代表的なリスクには、知覚鈍麻、歩行障害、効果が無い、ぼこぼこになるなどがございます。

当相談所が管理する患者様の体験談から、ふくらはぎの脂肪吸引における失敗例を算出いたしました。グラフをご覧ください。失敗を回避するためにも、ぜひとも、クオリティの高い病院を選んで失敗を回避してください。

ふくらはぎの脂肪吸引の失敗・修正・再手術

ふくらはぎの脂肪吸引の口コミ・体験談・評判

ふくらはぎの脂肪吸引の失敗・修正・再手術

ふくらはぎの脂肪吸引の口コミ

ふくらはぎを細くしたく、手術を依頼しました。
周囲で2センチほどの痩身ができて、満足いく治療ができたと思います。

ふくらはぎの脂肪吸引の症例写真・モニター

症例写真1

ふくらはぎの脂肪吸引の修正・再手術

ふくらはぎの脂肪吸引で皮下脂肪を除去している症例では、修正として再度脂肪吸引を行うこともできます。ただし、術後3か月は期間を空けてください。

または、足のラインを綺麗に見せるために、治療方法を切り替えるなどのオプションも考えられます。
大根足修正NICRサーモコン(TCR)などがございます。

ふくらはぎの脂肪吸引の上手い医師・医者

痩身整形の実績が多く、体験談が良いクリニックを選ぶことが後悔しない施術をする第一歩となります。
ふくらはぎは皮下脂肪と筋肉と神経の総合的な施術能力が求められます。

ふくらはぎの脂肪吸引のお薦めの先生・病院のランキング

ふくらはぎの脂肪吸引で安心して任せられる名医をご紹介いたしますので、希望の方はぜひおっしゃってください。

部分痩せ・ボディ形成は医師のセンスの差が関わってまいります。

美容整形の失敗・修正と効果

ふくらはぎ以外の脂肪吸引の部位・箇所

痩身治療できる部位・箇所は下記のとおりです。

顔、頬、顎、上腕、二の腕、胸部、背中、お腹(腹部)、ウエスト、腰(腰部)、お尻(臀部)、太もも、ふくらはぎ、ひざ、足首、足(脚)

ふくらはぎの脂肪吸引のトラブル・後遺症

仮に失敗をしますと、見逃せないトラブルが生じます。

跡が残る/脂肪吸引後のカニューレの傷跡/デコボコ/しびれ/痛み/皮膚がたるむ・たるみ/しみになる/ガードルによる圧迫で内出血/ギャザー/シワになる/脂肪の取りすぎ/脂肪が取れていない/再手術/感染/足が細くならない(太いまま)

ふくらはぎの脂肪吸引の効果・メリット・取れる量(cc)

ふくらはぎの痩身治療により、ししゃも足・大根足などの改善につながります。

足首や太ももの脂肪吸引と併用して、手術される方も多いです。

特に、ふくらはぎの部分痩せと言うのは自力では不可能な痩身効果となります。

ふくらはぎの脂肪吸引のリスク・デメリット

ふくらはぎの脂肪吸引のリスクやデメリットは凸凹(でこぼこ)、術後のむくみ、内出血、感覚が鈍くなる、しびれなどが考えられます。

医師の技術と機材(ベイザー脂肪吸引など)によって、リスクは最小限にできます。
専門的に手術を行っている医師がベターです。

ふくらはぎの脂肪吸引のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

プチ整形であれば数日でダウンタイムは終了しますが、ふくらはぎの脂肪吸引では、2週間ほどのダウンタイムがかかります。

アフターケアは半年間程度は留意することになります。

ふくらはぎの脂肪吸引の料金・値段・費用・相場

料金・値段・費用・相場はふくらはぎの脂肪吸引は30万円程度です。

あらかじめ料金相場はチェックしておいてください。

ふくらはぎの脂肪吸引の名医・医師選びとカウンセリング

ふくらはぎの脂肪吸引では、クリニック選びが大切になります。

極力血管を傷つけない信州の少ない脂肪吸引ができる名医を選びましょう。

名医はごく少数に限られます。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*