修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

パイプカットの失敗・修正・再手術

パイプカットの失敗

パイプカットは、睾丸(精巣)から精嚢への精子の通り道(性管)を手術で切断する方法です。この手術により精液に精子が存在しなくなり、確実な避妊が可能です。射精をする時に精液は出ますが、この時に精子がその中に含まれていない状態なので、避妊に失敗したくないという方に向いている方法です。

パイプカットをするのに必要な時間はおよそ30分程度で、局所麻酔をしてから陰嚢を切開し、精管を取り出して2か所でしばっておきます。その間をカットして完了となります。

パイプカットをしてもすぐに避妊の効果が出るわけではなく、射精を10回ほどした後になってようやく精液内の精子が確認されなくなります。

もし検査の検査、まだ精子が精液の中に見えるようであれば1年間経過観察を行い、それでも残っていれば失敗と判断して再手術を行なう場合があります。もちろん精液の中に精子が残っている限りは避妊の効果はありませんから、避妊具を使うなどしてきちんと避妊する必要があります。

男性の性器の整形手術(包茎手術陰茎延長術亀頭増大術シリコンボール挿入術など)に、実績のある名医、アフターケアの万全なクリニックを選択することが大切です。

パイプカットの失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

パイプカットの口コミ・体験談・評判

パイプカットの口コミ

精管の切断は勇気がいりましたが、今後の事情も考えて手術を決意しました。
特別問題なく、経過を過ごしています。

パイプカットの症例写真・モニター

パイプカットの修正・再手術

パイプカットには外科手術が必要で、料金に見合わない結果に陥るリスクも存在します。

パイプカットの上手い医師・医者

確実に避妊することができますが、失敗してしまうと正しくカットできていないリスクがあります。
ぜひ安全性の高い病院を選びましょう。

パイプカットのお薦めの先生・病院のランキング

精液の中に精子が残っていないかを確認する必要がありますので、射精を10回以上行なってから精液の検査を行います。

またクリニックによっては術後の検査は4か月後、そして5か月後の2回行なうなど慎重にチェックを行なっているところもあります。

美容整形の失敗・修正・再手術

パイプカットのトラブル・後遺症

起こり得るトラブルを挙げます。

性行為の支障/機能的障害/痛み/ばれる/傷跡がギザギザに残る/効果が不十分/不自然/しこり/違和感

パイプカットの効果・メリット

パイプカットは精子を運ぶ管をカットすることで、100%効果があるとはいえないものの、比較的安全な避妊の方法だといえます。

パイプカットのリスク・デメリット

ダウンタイムという意味では性行為や激しい運動は術後1週間ほど控える必要があります。

パイプカットのダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

ダウンタイムはほとんどなく、特に患部に衝撃などがなければ当日から普段通りの生活を過ごすことができます。ですから仕事が忙しい方でもダウンタイムを気にしないで受けることは可能です。

パイプカットの料金・値段・費用・相場

術後の精液検査はアフターケアとして料金に含まれているかどうかを必ず確認しておきましょう。料金に関してはクレジットカードを扱っておらず、現金支払のみというクリニックも少なくありません。前もって確認しておいたほうが良いです。

パイプカットの名医・医師選びとカウンセリング

繊細な部分であるだけに失敗しない手術を望むのであれば経験豊かな名医がやはりオススメです。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*