修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

陰核包皮形成の失敗・修正・再手術

陰核包皮形成の失敗

女性の性器の整形では小陰唇形成大陰唇縮小術膣縮小術クリトリス形成などが代表的ですが、陰核の形が人と違う、感じにくい(不感症)などの女性器のお悩みの方へお勧めなのが陰核包皮形成術です。

手術の流れとしてはまず理想の陰核や小陰唇の形のデザインを医師と相談して決め、静脈麻酔や局所麻酔をしてから切除、縫合というものになります。デリケートな部分なので縫合糸は極細かつ吸収糸を使用している場合がほとんどなので、失敗のリスクも少なく術後も綺麗に仕上がることが特徴です。

さらにどのような手術にもいえますが、少なからず感染のリスクもあります。万が一感染がみ疑われる場合にはダウンタイム中でもすぐに受診し、経過をみてもらうことが望ましいです。

陰核包皮形成のアフターケアとしては万が一感染がみられた場合には抗生剤の処方、患部が膿んで炎症を起こしている場合には切開して膿を出す手術を保障しているところが多いです。

陰核包皮形成の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

陰核包皮形成の口コミ・体験談・評判

陰核包皮形成の口コミ

切らないで欲しいといわれていましたが、自分の中でコンプレックスだったので手術しました。
ダウンタイム中に触れると軽く痛みがありまして、安静に過ごしました。
その後復帰は1週間ほどでできたので、意外とあっさりしていました。

陰核包皮形成の症例写真・モニター

陰核包皮形成の修正・再手術

また術後に患部の左右差や、皮膚のあともどりなどがみられたり、自分の予想よりも切られすぎてバランスが悪いなどと手術の失敗を患者が訴えた場合にも修正手術が可能です。

陰核包皮形成の上手い医師・医者

吸収糸による中縫いにより、形成外科的な縫合技術が高い医師がベターです。
より傷跡を目立たず、後戻りを防ぐことができます。

陰核包皮形成のお薦めの先生・病院のランキング

下半身の問題はとてもデリケートな問題ですが、名医と呼ばれる医師はそうした心の面にもきちんと配慮すいてくれますので、安心して悩みを相談することができます。

美容整形の失敗・修正・再手術

陰核包皮形成のトラブル・後遺症

起こり得るトラブルを挙げます。

性行為の支障/機能的障害/痛み/ばれる/傷跡がギザギザに残る/効果が不十分/不自然/しこり/違和感

陰核包皮形成の効果・メリット

陰核包皮形成とは、陰核を覆っている余分な皮膚を除去して美しい見た目を形成する効果を見込む手術です。

陰核包皮形成のリスク・デメリット

リスクとしてはダウンタイムを終えても赤みがひかず稀に内出血が出現する可能性があることや、人によっては術後に患部の硬さやつっぱりを感じる場合もあるということがあげられます。

陰核包皮形成のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

陰核包皮形成を受ける場合には、入院の必要はなく日帰りが可能です。シャワー浴も当日からOKとしているクリニックも多く、手軽に受けられる手術です。術後のダウンタイムとしては1~2週間をみており、運動は抜糸までの1週間は控えることが条件です。

腫れや赤みも10~14日程で引き、日常生活には支障がありませんが、傷痕が完治し綺麗な皮膚として完成するまでには6か月程かかります。

陰核包皮形成の料金・値段・費用・相場

料金は10万円前後が相場です。安すぎる料金で施術をしているところは注意が必要です。

陰核包皮形成の名医・医師選びとカウンセリング

あくまでも失敗されないことが前提ですので、事前に名医のいるクリニックを調べたり、アフターケアの充実度についての情報を手に入れて判断することが求められます。自身の身体に密にかかわる施術なので、信頼のおける名医に任せることが良いといえます。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*