修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

大陰唇縮小術の失敗・修正・再手術

大陰唇縮小術の失敗

女性の性器の整形ではで小陰唇形成、大陰唇縮小術、膣縮小術クリトリス形成などが代表的ですが、、大陰唇縮小術は、大陰唇の脂肪が余っているような場合解消できます。脂肪吸引で大陰唇の余った脂肪を吸引して引き締め、 小さくする方法と、切除する方法があります。

体の悩みも人それぞれ違いがありますが、普段は見えない部分のことで悩んでいる人は少なくありません。とはいえ、こうした悩みも適切な治療で改善できることは多く、大陰唇縮小術は女性に人気の高い施術です。

大陰唇縮小術の失敗例としては、思ったような改善効果が得られなかった、傷が目立ってしまう、不自然な形になる、左右不対象になる、ダウンタイムが長引くなどがあげられます。さらにまれですが感染症のリスクもないわけではありません。

大陰唇縮小術の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

大陰唇縮小術の口コミ・体験談・評判

大陰唇縮小術の口コミ

パートナーにお風呂の後に患部を見せましたが「全然普通で違和感がない」と言われて手術してよかったと思いました。

大陰唇縮小術の症例写真・モニター

大陰唇縮小術の修正・再手術

医療機関やドクター選びに失敗してしまうと修正が必要となり、さらに料金が発生することにもつながりますので、1回の施術でしっかりとした改善効果が得られるクリニックを選んでおきましょう。

大陰唇縮小術の上手い医師・医者

大陰唇縮小術は後戻りを回避するため、適切な切除デザインにしなければ失敗してしまいます。
ビラビラが大きすぎるのを悩んでいる方は、一度診察へ行かれることをオススメいたします。

大陰唇縮小術のお薦めの先生・病院のランキング

下半身の問題はとてもデリケートな問題ですが、名医と呼ばれる医師はそうした心の面にもきちんと配慮すいてくれますので、安心して悩みを相談することができます。

美容整形の失敗・修正・再手術

大陰唇縮小術のトラブル・後遺症

起こり得るトラブルを挙げます。

性行為の支障/機能的障害/痛み/ばれる/傷跡がギザギザに残る/効果が不十分/不自然/しこり/違和感

大陰唇縮小術の効果・メリット

大陰唇縮小術の効果は希望の大きさ形に大陰唇を整えられるということがあげられます。

大陰唇縮小術のリスク・デメリット

デリケートな部分ですので、ダウンタイムがどれぐらいなのかも気になりますし、思ったような仕上がりにならない、痛みが強いなどの失敗のリスクもありますので、できるだけ名医が担当してくれるクリニックを選びましょう。

大陰唇縮小術のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

大陰唇縮小術のダウンタイムも知っておきたいですが、数日は出血を伴うこと、患部が触れ合う場合に痛みが発生することなどがあげられます。

腫れは10日前後で抑えることができ、傷跡は1~2ヶ月前後はやや目立つものの、次第にわかりにくくなっていきます。

万が一のトラブルに備えてアフターケアも万全なクリニックを選んでおきましょう。アフターケアとしては飲酒を控えたり、激しい運動は行わないことも大事です。

大陰唇縮小術の料金・値段・費用・相場

料金についても知っておきたいですが、クリニックごとに差がありますし、それぞれの症例によっても違ってきますのでカウンセリングの際にはよく確認しておくことがおすすめです。

大陰唇縮小術の名医・医師選びとカウンセリング

実際に治療を受けた人の口コミなども参考にし、安心して治療を任せられる医師を選んでいきましょう。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*