修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

膣縮小術の失敗・修正・再手術

膣縮小術の失敗

女性の性器の整形では小陰唇形成大陰唇縮小術、膣縮小術、クリトリス形成などが代表的ですが、膣縮小術は、出産や加齢によって膣の緩みが気になるような場合に膣の入り口を小さくする施術です。膣のゆるみを解消する効果があります。広がってしまった膣の筋肉を修復し、膣の入り口だけでなく奥までしっかり縮小するので、効果がもっとも確実な手術です。

膣縮小術の修正地獄と失敗を避けるためには、自分が希望する処置方法で行ってくれるクリニックを選ぶのが重要です。

一部のクリニックでは、入り口付近の膣壁だけを縫合して済ませてしまう、簡単な処置を膣縮小術と謳っている事があります。

そのようなクリニックで手術を受け失敗してしまわないよう、手術内容に引き締め効果が期待出来るかまでを、きちんと確認する事で失敗のリスクを減らす事が出来ます。

膣縮小術の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

膣縮小術の口コミ・体験談・評判

膣縮小術の口コミ

膣縮小術の術後1ヶ月くらいですが、パンツに擦れたりお風呂であらうときの際にヒリヒリ、ピリッとしています。
早くヒリヒリ感が収まってほしいと思っています。

膣縮小術の症例写真・モニター

症例写真1

膣縮小術の修正・再手術

また術後に患部の左右差や、皮膚のあともどりなどがみられたり、自分の予想よりも切られすぎてバランスが悪いなどと手術の失敗を患者が訴えた場合にも修正手術が可能です。

この手術は子宮に近い位置で行われ、高度な技術と豊富な経験が求められるため、名医と医師選びが大切です。

膣縮小術の上手い医師・医者

膣縮小術は脂肪注入やヒアルロン酸注入などの方法から外科手術まであります。
専門の手術をよく認識しており、知見がある名医を選んでください。

膣縮小術のお薦めの先生・病院のランキング

この手術で人気のクリニックでは、術後は傷が目立たず綺麗になるなどの広告を出している所もありますが、デメリットやリスクについてもきちんと説明してくれるクリニックで手術を受ける事をお勧めします。

美容整形の失敗・修正・再手術

膣縮小術のトラブル・後遺症

起こり得るトラブルを挙げます。

性行為の支障/機能的障害/痛み/ばれる/傷跡がギザギザに残る/効果が不十分/不自然/しこり/違和感

膣縮小術の効果・メリット

この手術のメリットは「確実で半永久的な効果を得られる」「傷跡が残らず、他人に気づかれない」という点です。

膣縮小術のリスク・デメリット

膣縮小術のリスクとトラブルですが、あまり大きなトラブルはないと言われています。しいていえば、出血が止まりにくく、血が傷口の中にたまってしまう可能性があり、この場合は傷の治りが遅くなります。

この手術のデメリットは、「性器にメスを入れたり、麻酔をするリスクがある」「料金がやや高め」「施術時間が長め(1時間半程度)」「ダウンタイムが長い」という点です。

術後長時間立っていたり歩き回ったりすると、腫れが強く出るなどの後遺症が出る場合がありますので、手術後はすぐに帰宅して安静にしましょう。

血腫ができるって本当!?膣縮小術にはリスクがある

血腫ができるリスクについて。

膣内部を切開して引き締めた縫合を行う方法によってその傷口部分で出血が内部に溜まって血腫となることもあります。この塊になると別の病気を引き起こす原因となることもあります。

細やかな部分での手術は経験と知識の豊富な病院で行うことが大切です。デリケートな部分であるからこそ術後のアフターケアがとても大切になります。

膣縮小術の後戻り・効果が無いリスク

膣のゆるみなどによって性行為の不具合やプールやお風呂などで水が膣内部に入り込むなどの不快感のために膣縮小術という方法で改善することが出来ますが、そのリスクをしっかりと把握しておく必要があります。

縫合や部位がうまくできないことで後戻り・効果が無いということになりかねない場合もあるのです。

膣縮小術での感染のリスク

膣内部はとてもデリケートな部分であり、様々な不調を引き起こしやすい部分とも言えます。その手術に関して縫合が不適切であったり、状況の判断を適切にしていない場合には感染症を引き起こして新たな病気になる可能性も少なくありません。

術後の生活においての適切な指導を受けることはとても大切なことです。

膣縮小術のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

膣縮小術のダウンタイム期間中のアフターケアや術後のメンテナンスで手術の仕上がりが異なってきます。

この手術のダウンタイムはおおよそ1~2ヶ月程度で、「術後3~5日は厚め(夜用)のナプキンをあて、ガードルで圧迫する」「運動や入浴、飲酒は術後1週間程は避ける」といったアフターケアが必要になります。

膣縮小術の料金・値段・費用・相場

この手術の料金、費用、値段の相場は、クリニックにもよりますが、40~80万円程度の料金がかかります。

膣縮小術の名医・医師選びとカウンセリング

膣縮小術を希望する際には名医を選ぶことです。
女性の大切な部分の手術は敏感で弱い部分であるからこそ、細心の注意と知識を持つことが大切です。

手術の説明、リスクの説明をしっかりとして患者の不安を取り除くことができること、アフターケアがきちんと行われていること、それなりの経験と実績があること、患者との信頼関係を築けることなどを備えた医者が名医であり、安心して手術を受けることができます。

膣縮小術の名医と医師を選ぶには、婦人科形成、膣縮小の症例数などを掲載しているような、経験豊富な医師に手術をしてもらうのが安心です。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*