修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

サブキュー(SUB-Q)の失敗・修正・再手術

サブキュー(SUB-Q)の失敗

サブキュー(SUB-Q)とは、注入のプチ整形、ヒアルロン酸の一種です。ヒアルロン酸は、顔面(しわ、あごなど)の形成や、しわとりなどに使用されることが中心ですが、サブキューはヒアルロン酸の中でも、粒子が大きく、吸収も遅く、効果の持続は約1~3年と長期間で、バストのサイズを大きくする、形を整えるなどに効果的です。

胸の上部のボリュームが減ってしまった、左右大きさが違う、谷間がほしい方など、手軽にお悩みが解消できます。

適量を注入するだけですが、注入の仕方により、歪な形になってしまい綺麗なバストにはならなかったなどのトラブルもあります。

クリニック選び、名医の選択が必要です。

サブキュー(SUB-Q)の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

サブキュー(SUB-Q)の口コミ・体験談・評判

サブキュー(SUB-Q)の口コミ

サブキューで豊胸をして3か月ですが、段々と定着してきまして落ち着きました。
術後は腫れはありましたが、1週間で外出できるようになり、彼氏にもバレずに自然なバストアップができたので納得です。
お値段は20万円でしたが、その価値はありましたね。

サブキュー(SUB-Q)の症例写真・モニター

症例写真1

サブキュー(SUB-Q)の修正・再手術

再手術はプチ整形の場合には定期的に必要となります。

アフターケアの整った美容外科なら、大きさやバランスが気に入らなかったときに、すぐに対処してくれるので、安心して任せることが出来ます。

サブキュー(SUB-Q)の上手い医師・医者

ヒアルロン酸注入は様々な注入技術が求められます。
そのため、症例数だけではなくて、ヒアルロン酸注入、豊胸、鼻など箇所別に専門性があるかをホームページ等で確認しておくとグッドです。

サブキュー(SUB-Q)のお薦めの先生・病院のランキング

最近では、サブキュー(SUB-Q)を導入している名医が増えています。失敗のリスクやダウンタイム、アフターケアの方法、料金などが気になっているという時は、クリニックに行って名医に話を聞いてみると良いでしょう。

名医による施術で、理想の形でボリュームアップさせる

ヒアルロン酸を注入する術式のため、サブキュー(SUB-Q)はプチ整形に分類されることも多いですが、注入位置を誤ってしまうと胸に硬さが出るなど失敗するリスクが高く、自然で美しい豊胸が行われるためには医師の知識が重要になってきます。

理想の形を実現するためにも、注入する位置や量は大切で、デザインも考慮してくれるクリニックを選びましょう。

当相談所では、名医の美容外科をご紹介をしておりますので、豊凶を希望する方はお気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正・再手術

サブキュー(SUB-Q)のトラブル・後遺症

サブキュー(SUB-Q)の失敗体質や注入の仕方でしこり・石灰化になることがあります。

ヒアルロン酸の入れ方により、胸のなかで組織同士が密着してしまい、柔軟性が失われた動きがない胸になってしまい、しこりのように硬く感じる場合があります。

主な術後のリスクについて列挙いたします。

しびれ/フィラーが流れる/危険物質の材料がある/しこり/感染/感覚の麻痺/奇形/効果がない/吸収される/左右差/腫れ/内出血

サブキュー(SUB-Q)の効果・メリット

サブキュー(SUB-Q)というのは、豊胸術で用いられるヒアルロン酸のひとつで、注入するだけで、効果的に胸を大きくすることが出来ます。

サブキュー(SUB-Q)の施術後吸収される・持続効果が短い

固形の異物と違って、ヒアルロン酸は成分として体のいろんなところに存在していて使われている成分であるため、消費されて行って代謝が良かったり吸収される・持続効果が短いことがあって、一般的には2年から3年程度維持されるものが1年程度しか持たない場合があります。

いずれにしても、バストサイズを維持するためには再施術により注入する必要があって、医師が適切な部分にヒアルロン酸を入れることも肝心です。

サブキュー(SUB-Q)のリスク・デメリット

サブキュー(SUB-Q)には添加物が少ないという特徴もあります。化学的な添加物が少ないことによって、副作用や、注入した後の腫れなどの失敗のリスクを減らすことができます。

もちろん、注射針が最新のものでない、ヒアルロン酸が体に合わない場合は失敗する可能性もあります。
しこりや凸凹もよくある失敗例です。

感染するってどうこうこと?知らないと怖いサブキュー(SUB-Q)のリスク

赤く腫れたり発熱することがあります。サブキュー(SUB-Q)による感染リスクと呼ばれています。

サブキュー(SUB-Q)は専用の注射器を用いて注入するので、雑菌類の感染症にかからないように気をつけなければなりません。

サブキュー(SUB-Q)の施術でヒアルロン酸を注射する際、目的に合わせてアンダーに入れたり、全体的に入れたりなど、複数回針を刺す場合もあります。このとき、きちんと消毒を行ってから施術が行われないと雑菌の感染リスクがあります。

アルコール消毒より強い消毒作用がある消毒液で、施術部位よりも広範囲にわたり消毒を行うなど、配慮した対応が行われているクリニックで施術を受けることが肝心です。

また、衛生管理が徹底されたクリニックで受けることはもちろん、術後には湯船には使らず、シャワーだけで清潔に過ごすようにすることも必須です。傷が完全にふさがるまでは、触らないようにしましょう。

しこり・石灰化、硬い胸になってしまう

これって石灰化してる!?デメリットもあるサブキュー(SUB-Q)が向いていない人とは。

胸のボリュームアップを目指すとき、簡単な施術でできるプチ整形で行われるのがサブキュー(SUB-Q)で、ヒアルロン酸の注入により理想の形を目指す施術です。体に無害なヒアルロン酸ですが、体質により異物と判断することもあり、しこり・石灰化につながる可能性があります。

簡単にバストアップできるサブキュー(SUB-Q)、プチ整形としても人気が高いですが、医師の技術不足、もともとの体質、マッサージが足りなかったなどの原因により、しこりができてしまったり、胸自体が硬くなってしまうことがあります。一度しこりや石灰化すると、そのまま身体に吸収されずに残ってしまいます。

すぐに効果がなくなってしまう

サブキュー(SUB-Q)はヒアルロン酸の中では粒子が大きく、吸収も遅いとは言われていますが、中には半年ほどで吸収される・持続効果が短いと不満に感じている方も多く、一時的な効果しか望めない場合も少なくありません。

年単位でバストアップを図りたいならば、バッグの挿入などのほうがお勧めです。

サブキュー(SUB-Q)のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

もし注入後に、腫れなどのダウンタイムが長引いたとしても、アフターケアが優れた美容外科なら、すぐに適切な治療をしてくれるでしょう。

それにもともとヒアルロン酸は体内にある成分なので、体内に入れても、深刻な状態にはならないので、ダウンタイムについては特に気にする必要はありません。

サブキュー(SUB-Q)の料金・値段・費用・相場

施術を受けるだけで、およそ2カップほどはサイズをアップさせられますし、ダウンタイムもほとんどないうえに、料金が手ごろなので、気楽に受けられます。

サブキュー(SUB-Q)の名医・医師選びとカウンセリング

失敗するのが怖い方は、口コミの評判の良い美容外科に行くようにしてください。

仕上がりの不自然さをなくすために

サブキュー(SUB-Q)による豊胸手術は、簡単にできるうえ安全性が高いといわれていますが、それは熟練した名医により適切な手術が行われた場合にのみ言えることです。

未熟なドクターだと、左右のバランスが悪かったり、乳輪の位置がずれるなど、不自然な仕上がりになってしまうこともあるので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*