修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の失敗・修正・再手術

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の失敗

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)は、下まぶたのたるみやしわ、皮膚と筋肉がゆるんではみ出した脂肪や凹んで出来たクマを解消する美容整形です。

下眼瞼切開法は下まぶたのまつげの際を切開し、皮膚と筋肉を同時に引き上げ、余った皮膚を切除します。突出(としゅつ)している脂肪は、一部を切り取り、残りを窪んでいる部分へ移動して、まぶたの凹凸を滑らかにします。

術式は、皮弁法・筋皮弁法・ハムラ法などあります。
皮弁法は、下まぶたのしわを取り除く場合の術式です。皮膚を切開し眼窩脂肪を切除します。
筋皮弁法は、下まぶたのしわとたるみを同時に改善する術式です。皮膚と眼輪筋を切開し、筋肉と皮膚を引き上げます。
Hamura(ハムラ)法は、下まぶたのしわ、たるみ、クマを改善する術式です。

代表的な失敗例としては、目袋の膨らみが残る、凹み過ぎ、下まぶたの外反、下三白眼、左右差等の失敗です。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の失敗・修正・再手術

例えば、美容外科の中にはカウンセリングも5分で終了し、手術後のアフターケアもしない病院があります。
そういった病院では、術後のトラブルが多く報告されており、当相談所にも修正したいと言ったご相談が寄せられております。

ですので、下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の失敗を回避するためには、技術が高い病院・先生を選択しなければなりません。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の手術は人気の治療方法です。このサイトではこれらの治療において起こり得るトラブル・リスク・デメリット・後遺症を解説し、名医をご紹介致しております。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の口コミ・体験談・評判

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の失敗・修正・再手術

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の口コミ

下眼瞼切開法をして三日たちます。
傷跡のほうが、縫い目が分かり縫い方も荒いので後に残るのが心配です。

様子をみようとは思っていますが、心配なので相談してます。
最近は、痒くなってきました。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の症例写真・モニター

症例画像①

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の修正・再手術

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)を失敗してしまった方への修正方法としては、再手術を行います。
失敗の原因として、瞼の皮膚を切除し過ぎてしまう事や眼輪筋を切除し過ぎてしまう事などが挙げられます。

皮膚を切り取り過ぎてしまった場合の修正は真皮移植や軟骨移植等が修正手術として考えられます。

修正が出来るかどうかをまずは判断しなければなりませんので、セカンドオピニオンをお薦め致しております。
勿論、その際は、技術が高い先生・病院を選ばなければなりません。

一度、内部組織が崩れてしまうと修正・再手術を難しくしますので、失敗しない先生・病院を選択して頂く事が大切です。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の上手い医師・医者

下まぶたのたるみであれば、形成外科の技術が高い医師でリフトアップの治療も得意としている名医を選びましょう。縫合糸も極細糸が使用できる医師がおすすめです。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)のお薦めの先生・病院のランキング

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)を成功させるためには、修正・再手術に限らず技術が高い先生・病院を選択しなければなりません。

失敗を回避するためには極細糸の使用や顕微鏡下器具などを使用出来る名医を選択しなければなりません。

ご相談窓口でお薦めの先生・病院をご紹介いたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正と効果

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)のトラブル・後遺症

目の整形のトラブル・リスクは数多くありますので、一つずつチェックしておきましょう。

後戻り/ばれる/二重ラインの左右差/二重幅・目の開きが不自然/ラインの食い込み/希望・理想の二重幅でない/ラインの消失・消える/目が悪くなる/二重ラインが短い/違和感/毛包炎/瞼がゴロゴロ/知覚麻痺/目の火傷/プチ整形のメンテナンス/しこり/内出血/外反/厚ぼったい/糸が透けて見える/感染と化膿/アレルギー/ミリウム・白い膨らみ/埋没糸の露出/糸・ノットの結び目が見える/角膜損傷/目が閉じない/予定外重瞼線/中縫いの糸が出てくる/ラインが浅い/凸凹/シワ/たるみ/効果がない/皮膚の壊死/傷跡・凹み・段差/傷が開く/上瞼の凹み/術後も腫れぼったい/逆さまつげ/三白眼/しびれ

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の効果・メリット

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の効果・メリットは若返りや目の下のクマを取る効果を得ることができます。

美容整形の手術が成功した際の効果・メリットは大きく、一生を左右する財産となります。

なので適切な医師選びが大切なのです。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)のリスク・デメリット

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)にはリスク・デメリットがつきものです。

それを説明しない医師が多いので手術後にクレームが起こってしまいます。

このサイトを通してリスク・デメリットを知り、失敗・修正のない医師選びをしてください。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)にはアフターケア・メンテナンスがつきものです。

アフターケアとメンテナンスは病院の本当の対応がわかる部分です。

当相談所では、評判の良い病院を優先的にご紹介いたしております。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の料金・値段・費用・相場

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の料金・値段・費用・相場は技術力により変わってきます。

プチ整形の場合には数万円~10万円程度、本格的な美容整形の場合には高い料金になることもあります。

名医の条件をすべて満たすような認定医を選択しますと、料金が上がってくる傾向があります。

当相談所では、予算に応じた名医のご紹介をいたしております。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の名医・医師選びとカウンセリング

今回ご紹介したような下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の失敗や修正を避けるためには名医を選ばなければなりません。

下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ)の名医を相談したい方はお気軽にお問い合わせください。

全国の病院の中から手術別に最適な名医をリストアップいたします。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*