修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

受け口 美容整形の失敗・修正・再手術

良い面だけではなく、「神経損傷による麻痺」「効果が無い」などのデメリットについても確認しておきましょう。受け口 美容整形を受けた場合、神経損傷による麻痺が起こるデメリットがあります。

受け口 美容整形の失敗

受け口とは、下顎の骨が発達しすぎてしまったり、上顎の成長が遅れてしまったことで下顎が上顎よりも前に出ている状態のことを指します。
しゃくれなどとも呼ばれることがあり、非常にコンプレックスとなる状態ですが、矯正や手術によって改善することが出来るものです。

受け口の治療は美容整形で受けることが出来、受け口 美容整形と検索をすれば病院を見つけることが出来るはずです。

受け口 美容整形の治療は上下顎歯槽骨後退術が主となっており、上下の4番または5番の歯を抜歯して、そこに出来たスペースを利用して、切除した歯槽部の骨や組織を後ろへ下げることで受け口をひっこめます。

失敗のリスクは事前のカウンセリングなどで説明もあるはずですが、代表的な失敗例としては顔のバランスがおかしくなった、皮膚のたるみ、神経麻痺や発音が困難というものです。

受け口 美容整形の失敗・修正・再手術

受け口 美容整形の口コミ・体験談・評判

受け口 美容整形の口コミ

セラミック矯正についてですが、受け口、開咬なので、本数が多く、金額も大きいので、安い病院がないかと思っています。
輪郭の手術では、骨格から治せるらしいのですが、カウンセリングでは断られてしまいました。
日本では対応している病院が少ないようですね。

受け口 美容整形の症例写真・モニター

症例写真1

受け口 美容整形の修正・再手術

受け口 美容整形で用いられる上下顎歯槽骨後退術は、効果が高い一方で医師の腕によっては失敗のリスクも高い手術です。

修正の際は模型から作ってくれるドクターを選択していただき、再建手術を行います。

受け口 美容整形の上手い医師・医者

受け口の手術はセットバックと言って、微妙な調整が必要となる手術となり、輪郭形成の高いクオリティの手術が必要となります。
もし仮に、失敗すると修正は困難となります。ぜひクリニック選びを慎重に行うことが大切です。

受け口 美容整形のお薦めの先生・病院のランキング

名医といわれる先生は複数いますが、それぞれに得意分野と不得意分野があるため事前に手術の経験や実績を見ておき、自分に合う名医を探しましょう。

施術の成功のためには名医を見つける事がおすすめ

受け口 美容整形では、アゴの出っ張った箇所の骨を切除する事で、口元をきれいに整える事ができます。一度施術を受けると、永久的に受け口に悩む心配がなくなるので、大人気の施術です。

ただとても大掛かりな整形であるために、未熟な医師に任せるとリスクが生じる可能性が高いです。当相談所では信頼して任せられる名医のご紹介をしております。なので、受け口 美容整形に興味があればお気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正・再手術

受け口 美容整形のトラブル・後遺症

口の整形をされる際には、下記のような代表的なトラブル・後遺症について、確認しておきましょう。

変形/知覚鈍麻/唇の厚すぎる/唇が薄すぎる/しびれ/効果がない/バランスが悪くなる

受け口 美容整形の効果・メリット

根本的な部分を改善するため、その効果は高く、すぐに見た目にも反映されることとなります。

名医の施術であれば、コンプレックの解消だけではなく小顔効果や綺麗な横顔やEライン形成など総合してバランスよく行われますので、受け口 美容整形の効果を最大限に発揮することが出来るのです。

ただし、下手な病院で受け口 美容整形を受けた場合、効果が無いというデメリットがあります。これは、医師が未熟な事が原因で、患者の症状に合った手術法を選択してくれなかったために起こります。

そもそも受け口の整形は、口の状態によって色々な手術の方法があります。たとえば、軽症の場合、歯並びの矯正で症状が軽減されます。そして、重症の場合、抜歯や骨切りなどが有効です。よって、確実に整形の効果を得るには、自分に合った施術を提案できる医師を見つける必要があります。

受け口 美容整形のリスク・デメリット

骨を切る手術となりますので、どのような名医の施術であっても術後数日間は腫れが出ることが多く、ダウンタイムはおよそ2週間程度必要ですので、スケジュールの調整はしっかりしておきましょう。
またダウンタイムを過ぎても腫れや痛みが引かないような時があります。

よくある失敗例:入院が長い!?受け口 美容整形のデメリット予防策

入院・ダウンタイムが長い」デメリットについて知っておきましょう。

受け口 美容整形を受ける場合、入院・ダウンタイムが長いなどのデメリットがあります。この施術では、受け口を解消するために、皮膚を切開して顎の骨を切除していきます。そのため、数ある整形の中でも体への負担が大きく、大掛かりなものです。なので、術後は回復のために、一ヶ月のダウンタイム、一週間の入院が必要です。

ダウンタイム期間は安静にしていないといけないので、医師とちゃんと話し合った上で手術に臨む事が大事です。

受け口 美容整形のリスクを知りたい!「神経損傷による麻痺」とは?

神経が傷つくと痺れのリスクがあります。

受け口 美容整形を行った医師の技術が低いと、神経損傷による麻痺がおこる可能性があります。

これは、顎の骨を切除する際に、骨の近くを通る神経を傷つけてしまうことが原因です。そもそも顔のあごや口周りには、大切な神経がたくさん通っています。そのため、神経を傷つけてしまうと下あごや下唇などに麻痺が現れます。
軽い症状ならば、ダウンタイム中に麻痺は軽減されていきます。ただ重い場合は、まれに麻痺が残るので、施術を任せる医師は慎重に選んだほうが良いです。

痺れが続いたり、口を開けるたびに違和感を感じるようなことがあるので、顎の骨を切開しなければならないほど症状が重い人は、経験豊富な医師に任せることをおすすめします。

名医なら神経を傷つけるようなことはしないので、麻痺や痺れに悩まされることはないでしょう。

受け口 美容整形をしても効果が無いことも

下顎の骨が発達して、上顎より前に出てしまった人や、上顎の成長が遅れてしまうと、受け口、またはしゃくれと呼ばれる状態になります。

受け口 美容整形で治したい場合は、歯を抜いて後ろに下げる矯正治療や、顎の骨を切開する手術で改善できますが、医師の技術が低いと、ほとんど見た目が変わらず、効果が無いと感じられることもあります。

受け口 美容整形のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

アフターケアがしっかりしている病院であれば再度料金を支払う必要なく、再手術が受けられますが、そうでない場合は新たな費用が発生することもあります。

ダウンタイムはあくまでも目安となる期間ですが、このような時には受け口 美容整形が失敗したという可能性も考慮して、早めに病院へ連絡をするようにしましょう。

入院・ダウンタイムが長びくことがある

受け口 美容整形は入院・ダウンタイムが長いため、スケジュールを調整してから手術を受ける必要があります。
顎の骨を切開する場合は1週間前後は入院しなければなりませんし、手術の内容にもよるものの、最低でも2週間のダウンタイムがあります。

入院期間中は腫れや出血を伴ううえ、口を開けられないので流動食になります。

受け口 美容整形の料金・値段・費用・相場

上顎前突の料金は65万円から100万円程度かかるため、比較的高額な手術です。

受け口 美容整形の名医・医師選びとカウンセリング

事前にアフターケアの内容を確認しておくことが重要です。
また手術を受ける病院を選ぶ際には料金だけで選ぶのではなく、失敗のリスクなども考えて、名医がいる病院かどうかもしっかりと確認するようにしましょう。

名医のいる美容外科に任せる

受け口 美容整形の手術を受けるときは、名医のいる美容外科に行くようにしましょう。

そうしないと、せっかく手術を受けてもほとんど効果がなかったり、神経損傷による麻痺に悩まされたり、入院・ダウンタイムが極端に長びくことがあります。

どこに名医がいるのかがわからないときは、おすすめの美容外科を紹介するので、連絡するようにしてください。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*