修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

薄い唇の解消!口唇拡大術の失敗・修正・再手術などまとめ

口唇拡大術というのは、口唇裏側の粘膜を切開して、傷口をずらして縫い合わせることで、口唇をふっくらと厚くしていくことができます。

傷口は口唇の内側になりますから、外からは見えませんし、若々しいセクシーな口元にしていくことができます。

特に、加齢とともに、口唇というのは薄くなっていき、老けた印象になってしまいますが、口唇拡大術によって薄い唇を厚くしていくことで、魅力的で若々しい印象に仕上げることができます。

この口唇拡大術は、若々しい唇にしたい人や、唇を厚くしたい人、永久的な効果を希望する人、セクシーな唇にしたい人におすすめの美容整形です。

ただ、この手術は、高度な医療技術が要求される美容整形で、正しい知識と技術力が必要となります。

もし技術の乏しい医師が施術をした場合には、手術を受けた部分の皮膚が隆起してしまい、でこぼこができてしまったり、一時的に血行が悪化してしまうため、皮膚が壊死してしまう可能性もありますから、経験豊富な医師を選択することが大切です。

失敗してしまうと、修正治療が必要となりますが、修正をしても違和感が残ってしまったり、不自然な唇になってしまうこともありますから、十分気をつけましょう。

口唇拡大術の失敗

口唇拡大術には様々な方法がありますが、手軽でなおかつダウンタイムなども短く済むのでヒアルロン酸注入による方法が一般的です。

あるいは、ほかの部位からあらかじめ脂肪を採取してそれを注入していく脂肪注入法などもあり、ヒアルロン酸や脂肪注入におけるダウンタイムはほとんどないと考えて良いでしょう。

口唇拡大術で考えられるリスクや失敗については、せっかく施術を行ったのにあまり効果が期待できなかったり、あるいは効果がありすぎて自身が思っていた仕上がりとは違ったということが考えられます。

微小な場合は自然治癒することもありますが、範囲が広い場合は瘢痕化してしまうので見た目を著しく損なうダメージとなります。

口唇拡大術の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

口唇拡大術の口コミ・体験談・評判

口唇拡大術の口コミ

口唇拡大術でアンジェリーナジョリーの様な口びるを作ることができました。
ヒアルロン酸もしましたので、2度手間でしたが、満足しています。

口唇拡大術の症例写真・モニター

症例写真1

口唇拡大術の修正・再手術

口唇拡大術の修正は意外とお金がかかる!?再手術を行うこともできますが、何度も施術を行うことでのリスクもありますのでできることなら失敗をせずに一度の施術で終わらせたいものです。

口唇拡大術の上手い医師・医者

口唇拡大術をする際には、上手なドクターであれば表面に見えない部分での皮膚切開を行ってくれます。

ただ口唇拡大術は、リスクを伴う手術で、失敗してしまうと修正治療が必要となり、よけいな費用がかかってしまいます。

注意点としては、傷跡や患部の悪化でクオリティが低いドクターの場合には失敗してしまいます。

上手な医師・クリニックの特徴

上手な医師というのは、事前のカウンセリングをしっかりと行い、この手術によって効果がでるかどうかをきちんと判断し、もっとも適切な治療法を提案してくれます。

人によっては、効果が現れにくい人もいますから、きちんとデメリットやリスクなども説明してくれる医師が、上手な医師といえます。

どんなに設備が整ったクリニックで、ほかの美容整形で評判がよい場合でも、医師には得意な手術もあれば、苦手な手術もありますから、この口唇拡大術の症例数が多い医師を選ぶことがもっとも大切です。

そのため、複数のクリニックでカウンセリングを受けて、納得ができる医師やクリニックを選ぶことが大切です。

薄い唇をふっくらと厚くしていくことで、セクシーな印象にすることができたり、若々しい印象を与えることができますから、人気の美容整形となっていますが、失敗してしまうと顔の印象を大きく変えてしまうことになりますから、治療技術が高く、経験豊富な医師を選ぶことが失敗や修正治療を防ぐためにはもっとも大切です。

間違っても、手術費用が安いという理由だけで選ぶのはやめましょう。

口唇拡大術のお薦めの先生・病院のランキング

唇は人からも目立ちやすく傷跡が残る可能性も否めませんので、施術を受ける際には失敗をすることなく縫合などの技術力が高くデザインセンスも兼ね備えている名医を選ぶようにしましょう。

名医に任せればリスクを減らせる

口唇拡大術とは、唇の粘膜を切開することで、ふっくらとした唇にする美容整形です。唇が薄くてコンプレックスを感じている方に、とても大人気です。ただこの施術はリスクを伴うものなので、施術を行う医師の技術力が優れていないと失敗する可能性もあります。

そのため、施術経験、技術が高い名医を見つける必要があります。当相談所では名医のご紹介をしておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください

美容整形の失敗・修正・再手術

口唇拡大術のトラブル・後遺症

口の整形をされる際には、下記のような代表的なトラブル・後遺症について、確認しておきましょう。

変形/知覚鈍麻/唇の厚すぎる/唇が薄すぎる/しびれ/効果がない/バランスが悪くなる

血腫があるなんてデメリットしかない?口唇拡大術の方法を詳しく解説

「血腫」が起こるデメリットについて。

口唇拡大術を受けると、患部に血腫が起こるデメリットがあります。これは、医者の腕が悪く、患部に大きなダメージを与える事で生じます。

血腫ができると、皮下に赤黒い膨らみが生じることで、周囲の組織に痛みや圧迫感を与えていきます。そのまま放置すると、そこから化膿して感染症の原因になる恐れもあります。

そのため、即座に除去手術を受ける必要があります。リスクを減らすには、技術が高い医師に施術を依頼する事が大事です。

口唇拡大術の効果・メリット

口唇拡大術とは、唇は薄くてもっとふっくらさせたい場合に注入法や縫合などを行って理想の唇に整えていく方法です。

口唇拡大術を行うことでメリハリのあるふっくらとした唇にできる効果や、口元が華やかになる効果が期待できます。

ボリュームを持たせることで上下の唇のバランスが良くなる効果もあります。

口唇拡大術のリスク・デメリット

例え名医といわれる医師であっても、失敗のリスクを伴うことも考えなければならないし、骨を切るという大きな手術になるためダウンタイムも長くかかりアフターケアも万全でなければなりません。

ドッグイヤー(dog ear)になることも!?口唇拡大術のリスク

ドッグイヤー(dog ear)のデメリット・リスクについて。

口唇拡大術を受けた場合、ドッグイヤー(dog ear)が起こるデメリットがあります。

口唇拡大術では、傷口に血がたまることによるトラブルと共に起こりがちなトラブルとして報告されているのが、ドッグイヤー(dog ear)という状態になってしまうことです。

これは、メスで切開した縫合部の両端が山状にふくらむ症状の事です。医師の腕が未熟で、欲張って皮膚を引っ張り過ぎた事が原因で起きます。

他にも、縫合した部分の両端が持ち上がり犬の耳の様な形になってしまうことで、切開線が短すぎた場合に起こりやすくなります。

いったんドッグイヤーになると、基本的に自然治癒は期待できず、再施術で治すしかありません。なので、あらかじめ信頼して任せられる医師を見つけることが非常に大切です。

口唇拡大術の血腫リスク

口唇拡大術は、薄い唇をふっくらとさせることを目的とした施術で、アンチエイジング治療の一種として人気を集めています。具体的には、唇の裏側の粘膜部分切開して厚みを増すように縫い合わせるなど複数の方法が用意されています。

ちなみに、この際に切開で出来た傷口に血がたまることにより、血腫が出来てしまうことが起こり得ます。

皮膚の壊死が起きるリスク

「皮膚の壊死」デメリットについて。

口唇拡大術を受けると、皮膚の壊死が起こるリスクがあります。これは、医師の施術が未熟で、皮膚組織に大きなダメージが加わることが原因です。大きなダメージが加わると、その部分は腫れ上がり、一時的に血行が悪化します。血がきちんと通わなくなることで、皮膚が徐々に壊死していくのです。

口唇拡大術など皮膚に傷をつける手術を行うと、一時的に血行が悪化するためにその部分は膨れ上がってしまいます。これが原因で起きるトラブルとして危険なのが、皮膚の壊死です。

部分的な壊死なら自然治癒する可能性もありますが、広い範囲に及ぶと施術で治療をする必要があります。なので、安心して任せられる医師に施術を依頼する事が肝心です。

口唇拡大術のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

切開法による口唇拡大術の場合、口腔内を切開して縫合するのでダウンタイムは1~5日ほどになり、腫れがしばらく続きますが2週間ほどすると落ち着きます。

アフターケアに関しては、ヒアルロン酸・脂肪注入についてはメイクもシャワーも当日から可能です。

切開法の場合のアフターケアについては、施術当日から食事も可能ですが、熱いものや辛いものなど刺激物は1~2週間は控えるのが良いでしょう。

口唇拡大術の料金・値段・費用・相場

料金は、クリニックの料金設定によっても異なりますがヒアルロン酸注入は7000~1万2千円、切開法は20~30万ほどかかるとされています。

口唇拡大術の名医・医師選びとカウンセリング

名医を探さなくてはならない理由とは?

口唇拡大術の手術による様々なトラブルは、施術を行うドクターのレベルの低さが原因となっています。このために、名医に任せることにより高確率で回避できるので、事前の情報収集は非常に大切です。

特に、実際に手術を受けた人の感想が記されている口コミは、貴重な参考資料として利用することが出来ます。

技術力が高く経験豊富な名医に執刀をお願いするのが望ましいといえます。

当相談所で名医の紹介を致しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

口唇拡大術というのは、口唇の内側から切開して、粘膜や筋肉の一部を切除・縫合していくことで、厚くてセクシーな唇にしていくことができます。

ただ、口唇というのは、血管も多く、出血や腫れも起こりやすい手術でもありますから、ダウンタイムもあり、口唇拡大術に失敗してしまうと神経を傷つけ麻痺が起こる可能性もありますから、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

こういった失敗が起こった場合には、修正しないといけない場合もありますから、できるだけ経験豊富な医師やクリニックを選ぶようにしましょう。

おすすめのクリニックは、事前のカウンセリングをしっかりと行い、ホームページなどに症例写真などをきちんと掲載しています。

また、事前のカウンセリングではメリットだけではなく、デメリットやリスクなどもきちんと説明し、納得した上で治療を受けることが大切です。

口唇というのは、顔の印象を大きく決める重要な部位ですから、医師の技術だけではなくセンスも大切です。

そのためホームページなどで症例写真などを見て、医師と自分のセンスとがあっているかどうかを確認しておくことも大切です。

当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*