修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

自然なアヒル口を作ろう!口角挙上術の失敗・修正・再手術まとめ

口角挙上術の失敗

口角挙上術とは、下がった口角を上げる、あるいは上口唇の端に厚みをつくることでいつでも明るい印象を与える効果が期待できる施術の一つです。

では、失敗やリスクについてはどうなのでしょうか。
口角挙上術における失敗やリスクは、自分のイメージ通りの口元にならなかったり、傷跡が大きく残ることや内出血がいつまでも引かずに残ってしまうということです。

万が一、傷跡に段差や凹みが起きた場合には、CO2レーザーで削ったり、再度手術となってしまう場合もあります。

目立つ形で傷跡が残る失敗例について

口角が下がっていると、機嫌が悪いと勘違いされがちであるため、特に女性は口角を上げて出来るだけ柔和な表情を維持したいと考えています。そして無理なく口角を上げるために、口角挙上術の手術を受ける女性が少なくないです。

そしてこの手術は、口角を小切開するという方法が高い効果を得るために、おすすめ出来ます。ですが手術の技術力が低い医師が執刀すると、必要以上に大きく切開して、目立つ形で傷跡が残る危険性があるので、注意すべきです。

口角挙上術の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

口角挙上術の口コミ・体験談・評判

口角挙上術の口コミ

口角挙上術は局所麻酔でやったのですが、前回は手術のいたみな耐えられなかったです、、、いいところがあったら参考にしたいのでおねがいします。

口角挙上術の症例写真・モニター

症例写真1

口角挙上術の修正・再手術

再手術を行うこともできますが、何度も施術を行うことでのリスクもありますのでできることなら失敗をせずに一度の施術で終わらせたいものです。

自分がどのような口元にしたいのかもきちんと伝えておくようにすることも重要ですので、カウンセリングでしっかりと意思を伝えるようにしましょう。

口角挙上術の上手い医師・医者

口角挙上術の手術で失敗しないためには、手術のデメリットを確認し、上手な医師を選んでいただく事です。
時には再手術が必要になる場合もあるので、アフターケアも含めて考えましょう。

口角挙上術のお薦めの先生・病院のランキング

施術で失敗をしないためには、技術力の高い名医のもとで施術を受けることが望ましいといえます。

名医に執刀を依頼する方法について

美容整形手術というのは、メリットばかりに目が行く人が多いですが、手術である以上、失敗のリスクが伴っているのです。なので手術を受ける際は、失敗しない事が一番に重要であり、そのためには、執刀経験が豊富で、技術力の高い医師を選び出し、執刀して貰うというのがおすすめ出来ます。

当相談所では、口角挙上術の手術経験が豊富で、高い技術力を持つ名医を、ご紹介しているので、まずはお気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正・再手術

口角挙上術のトラブル・後遺症

口の整形をされる際には、下記のような代表的なトラブル・後遺症について、確認しておきましょう。

変形/知覚鈍麻/唇の厚すぎる/唇が薄すぎる/しびれ/効果がない/バランスが悪くなる

口角挙上術の効果・メリット

口角挙上術は、口角の皮膚を切開して口角の下にある筋肉を一部切開し、口角を上げる筋肉を縮小することで常に笑っているような口元にできる効果があり、芸能人などでも話題のいわゆるアヒル口ができる効果があります。

効果が無いというデメリットが生じる理由

口角挙上術は、口角を上げる事で、柔らかな印象の表情を作り易くするので、女性に人気の手術となっています。ですが口角というのは、ただ引き上げれば良いだけでなく、引き上げ過ぎると、今度は不自然な表情になってしまうのです。なので引き上げ過ぎるというのも、問題だったりします。

お陰で医師の中には、口角の引き上げ過ぎを警戒する余り、逆に引き上げが弱過ぎて、効果が無いという状態にしてしまうケースもあるので、注意すべきです。

口角挙上術のリスク・デメリット

口角挙上術は切開する施術であるため、ダウンタイムが存在します。

【美容整形マメ知識】口角挙上術で不自然なアヒル口になるデメリットの回避法

不自然なアヒル口になってしまう訳とは。

口角の引き上げに有効な、口角挙上術ですが引き上げの際の調整が意外に難しかったりします。というのも引き上げが弱過ぎると口角に明確な変化が生じず、効果が実感出来ません。

かといって逆に引き上げ過ぎると、不自然なアヒル口になってしまい、違和感のある表情になってしまいます。なので引き上げ具合を上手に調整出来る医師を見付け出し、執刀して貰うべきです。なので医師選びは、慎重に行う事をおすすめします。

ヒアルロン酸の注入量のミス

口元にヒアルロン酸を注入する方式の、口角挙上術を行ってもらった後に、不自然なアヒル口になってしまう人もいます。

それはヒアルロン酸の注入量を間違えてしまっていたり、一部にだけヒアルロン酸を多く注入してしまう医師もいるためです。

自然な形のアヒル口を作り出せるように、正確にシミュレーションを行ってもらわなければいけません。

皮膚切除の跡形が残ってしまう

傷跡ができる!?口角挙上術のリスクはなぜ起きるのでしょうか。

口元の皮膚の一部を切除する方式の、口角挙上術を行ってもらう際には、医師の技術力を確かめておく必要があります。
手術経験が不足している医師がメスを入れると、口元に目立ちやすい傷跡が残る事になりかねません。

口元は小さな傷でも目立ってしまうからこそ、口角挙上術は医師の技術力の高さが重要です。

皮膚が再生して形が元通りになる

口角挙上術の手術を終えてから、しばらくすると口元の形が元通りになってしまい、手術の効果が無いと感じてしまう事もあります。

それは皮膚の切除する位置が悪かったり、医師がリスクを恐れるあまりに、切除する皮膚の範囲がとても狭い事が原因です。
ある程度はリスクを恐れずに、確かな技術で手術を行ってくれる医師を頼ってください。

口角挙上術のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

個人差がありますが、口角挙上術におけるダウンタイムは、10日間ほどで、術後2~3日をピークに腫れが続き、7~10日ほどで徐々に腫れが引いてきます。

そのダウンタイムの期間はマスクなどをして施術部位を隠して過ごすのが良いでしょう。

アフターケアについては、施術部位以外はメイクなども可能ですが、術後から5日後に抜糸をしてからであれば施術部位のメイクも可能になります。

その他のアフターケアとして、喫煙習慣がある人は術前2週間前から術後1ヶ月は喫煙を控えるのが望ましいといえます。
タバコによる血行不良が傷の治りを悪くさせるので、その期間はなるべく我慢するようにしましょう。

口角挙上術の料金・値段・費用・相場

口角挙上術における料金は、もちろんそれぞれのクリニックによって料金設定が異なりますので一概には言えませんが、20万前後とされていますので、事前に施術を受けるクリニックで確認しておくのが良いでしょう。

口角挙上術の名医・医師選びとカウンセリング

やはりこの施術も医師の技術力に左右されるため、経験豊富でデザインセンスもしっかりと持ち合わせている名医に施術を行ってもらうようにすることが大切になってきます。

口元の美しさを意識する医師を頼る

自然な仕上がりの口角挙上術を行ってもらいたい時には、当相談所に相談をして名医の情報を入手してみてください。

ヒアルロン酸の注入量だけでなく、ヒアルロン酸の品質にもこだわりを持っている医師の情報を提供できます。
皮膚切除の手術を長年行ってきた、経験豊富な医師の情報も豊富にご用意しています。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*