修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

開咬(オープンバイト)の失敗・修正・再手術

開咬(オープンバイト)の失敗

開咬(かいこう)、別名オープンバイトとは、歯を閉じたときに奥歯はしっかり噛み合いますが、前歯が噛み合わずに開いている状態のことです。

常に前歯があいている状態なので、話していると空気が漏れてしまうので発音に問題が出たり、前歯で物が噛めないという問題が起こります。

歯が動いているときは一時的に歯並びが悪くなることがあり、失敗だと感じることもありますが一時的なリスクであることを確認しましょう。

アゴの骨のずれが極端に大きい事が原因の場合は、矯正治療と外科手術(出っ歯整形上顎前突など)を併用します。

開咬(オープンバイト)の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

開咬(オープンバイト)の口コミ・体験談・評判

開咬(オープンバイト)の口コミ

オープンバイトで、マックの大きめのストローが余裕で通ってしまうくらいひらいています。高いお金を払うなら技術をよくもっていて、治療をお金を取るためにわざとダラダラ続けたりしない素敵な病院を探しています。

開咬(オープンバイト)の症例写真・モニター

開咬(オープンバイト)の修正・再手術

再手術・修正が多い手術内容です。

名医の場合は最適な場所、注入量で仕上げてくれますので、美しい自然な仕上がりとなりますし、腫れなども最小限に抑えた注入を行ってくれます。理想の仕上がりにするためにも、医師選びは慎重に行いましょう。

開咬(オープンバイト)の上手い医師・医者

開咬(オープンバイト)であれば、輪郭形成の名医を選びましょう。
この手術は頭蓋額外科という分野の手術です。

開咬(オープンバイト)のお薦めの先生・病院のランキング

開咬(オープンバイト)の治療で失敗してしまう原因は、指しゃぶりなどの癖により開咬(オープンバイト)が生じているときに、癖を治さないことです。失敗をあらかじめ防ぐ効果もあるので、名医と呼ばれる歯科医師は癖などの生活習慣も把握することから治療を始めます。

美容整形の失敗・修正・再手術

開咬(オープンバイト)のトラブル・後遺症

口の整形をされる際には、下記のような代表的なトラブル・後遺症について、確認しておきましょう。

変形/知覚鈍麻/唇の厚すぎる/唇が薄すぎる/しびれ/効果がない/バランスが悪くなる

開咬(オープンバイト)の効果・メリット

開咬(オープンバイト)を矯正する治療があります。矯正の効果はすぐには現れませんが、時間をかけて治療することで、きちんと前歯が噛むようになります。

開咬(オープンバイト)の治療効果は1年ほどで実感できることがほとんどです。

開咬(オープンバイト)のリスク・デメリット

どの治療もダウンタイムといって、治療をしてから元の生活に回復するまでの期間があります。ダウンタイムは、矯正の場合長期間かかることがありますが、装置に慣れることでダウンタイムを少しずつ快適に過ごせるようになります。また、矯正の治療は健康保険が適用されないので料金が高くなる傾向があります。

開咬(オープンバイト)のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

開咬(オープンバイト)ではアフターケアがとても重要です。アフターケアをしなければ、せっかくきれいになった歯が元の位置に戻ろうとしてしまうからです。奥歯も前歯も噛めるようになったらといって、勝手に治療を中断することも良くありません。最後まできちんと治療を受けましょう。

開咬(オープンバイト)の料金・値段・費用・相場

全体矯正より、部分矯正の方が期間が短く、料金が安くなります。名医の歯科医師は、あらかじめリスクを説明した上で治療に入ります。

開咬(オープンバイト)の名医・医師選びとカウンセリング

安全と安心な病院の施術がその希望を叶えてくれる近道になることを忘れてはいけません。
失敗を招かず高い効果を得るためにできる限り事前にリスクの問題を排除します。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*