修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

上顎前突の失敗・修正・再手術

上顎前突の失敗

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、上の歯並びが下の歯並びよりも大きく前に出た状態のことを言い、出っ歯とも言います。出っ歯 、受け口の場合に修正する効果のある手術が上顎前突です。口の中を切開して4.5番目の歯を抜歯し、歯茎の骨を削ることで歯を後方へ移動させます。

出っ歯や受け口は顔のゆがみやしゃくれなどにつながることが多いので、受けたいと考えている人は多いですが、ダウンタイムは何日程度か、料金はいくらなのか、失敗さあるのかなどたくさんの不安がある方がほとんどです。そこで上顎前突についてまとめていきます。

リスクは手術後に傷口がひらいてしまったり、血がたまったり、化膿してしまうなとが挙げられます。

上顎前突の失敗・修正・再手術

上顎前突の口コミ・体験談・評判

上顎前突の口コミ

もっこりした口元がコンプレックスで手術をしたのですが、微調整に失敗してしまったようで、顔の曲がりが起こってしまいました。
失敗というかデザインのミスではないかと思っいて、高額だった分、ショックが大きいです。外出できません。

上顎前突の症例写真・モニター

症例写真1

上顎前突の修正・再手術

上顎前突の失敗は名医の腕に左右される所が大きいです。腕による最終的な見栄えに差が出るリスクは否めません。

一度、内部組織が崩れてしまうと修正・再手術を難しくしますので、失敗しない先生・病院を選択して頂く事が大切です。

上顎前突の上手い医師・医者

名医を選ぶとなりますと、高額な費用が必要になりますが、安かろう悪かろうでも良くありませんので、必要だと考えて慎重に病院を選んだ方が無難です。

上顎前突のお薦めの先生・病院のランキング

名医といわれる先生は複数いますが、それぞれに得意分野と不得意分野があるため事前に手術の経験や実績を見ておき、自分に合う名医を探しましょう。

美容整形の失敗・修正と効果

上顎前突のトラブル・後遺症

口の整形をされる際には、下記のような代表的なトラブル・後遺症について、確認しておきましょう。

変形/知覚鈍麻/唇の厚すぎる/唇が薄すぎる/しびれ/効果がない/バランスが悪くなる

上顎前突の効果・メリット

出っ歯や受け口はほっておいても治ることはなく、早めの治療が効果的です。しかし上顎前突の手術をするうえでメリットだけでなく失敗などリスクがあることも理解しておくことが大切です。まずはクリニックでカウンセリングを受けて自分のニーズに合うところを探しておくと効果的に手術を受けることが可能です。

上顎前突のリスク・デメリット

また内出血がおきた場合は治るのに1週間から3週間程度かかるのでダウンタイムも長引いてしまいます。やはり口の中はツバがあるため、なかなか治りにくいのが特徴で、ダウンタイム期間はしゃべりにくかったり食べるのに時間がかかってしまうことが多いので無理をしないことが一番でしょう。

上顎前突のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

ダウンタイムですが、強い腫れが3日目くらいにおこり、2週間程度は腫れが続くといわれています。

アフターケアは基本的にどこのクリニックでも行っていますが、口中の手術で完治するのには時間を有するため腫れや炎症が治る4ヶ月程度は様子を見てもらうこともあります。すぐに失敗と思わずに、様子を見ておくことも大事です。またアフターケアの充実度や内容もクリニックによって異なるので、事前に調べておくことをおすすめします。

上顎前突の料金・値段・費用・相場

上顎前突の料金は65万円から100万円程度かかるため、比較的高額な手術です。

上顎前突の名医・医師選びとカウンセリング

これまでいくつもの手術を行ってきた名医なら失敗しないので、リスクのことを考えることなく、安心して任せられますし、ダウンタイムも最低限で済みます。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*