修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

えくぼ形成の失敗・修正・再手術を体験ブログ5つから考察してみた

えくぼ形成の失敗

笑った時にでるえくぼ、その可愛らしさで第一印象も良いです。このえくぼ生まれつきだからと諦めてしまうのは少し早いです。なぜならこのえくぼはえくぼ形成として美容整形が行えるからです。

えくぼ形成は、口の内側から糸で留めるだけの処置です。縦長のえくぼも、点状のえくぼも作ることが可能です。

より印象的な口元にしたい場合には、えくぼ形成と同時にお口の整形、口唇縮小術口唇拡大術アヒル口形成などと組み合わせると効果的です。

初めてのかたでも切開のリスクがないので失敗を恐れずその良い印象を与える効果だけを十分に得ることができる期待があります。

しかしながら下手なドクターで治療をしてしまうと、えくぼの位置が不自然になるリスクがあります。

不自然な場所にえくぼを作られてしまう失敗例

整形デメリットまとめ<えくぼ形成>で笑っていないのにえくぼが凹む?

えくぼ形成を受ける際は、カウンセリングの段階でどこにえくぼを作りたいかを聞かれるので、通常は、希望に応じた場所にえくぼを作ってもらえます。しかし経験の浅い医師が施術を行うと、間違った位置に作ってしまうことがあります。

えくぼの位置が不自然になるリスクがあるので、熟練の医師による施術を受けることが大切です。左右で位置がずれていたりすると格好悪いので、実績のある美容外科に行くようにしましょう。

下手な手術を受けると糸が出てくることがあります

えくぼ形成は、口内からえくぼを作る位置を5㎜ほど切開し、皮膚の裏側から糸を埋め込んで、えくぼを作る方法で、30分ほどで終わりますが、下手なところに行くと失敗することがあるので気を付けましょう。

口の内側に糸を留めるため、顔の表面に傷が出来ることはないですが、頬や口内に、施術に使用した糸が出てくることがあります。修正手術が必要になるので面倒ですが、経験豊富な医師に任せれば、そんな失敗はしないでしょう。

 

えくぼ形成の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

えくぼ形成の口コミ・体験談・評判

えくぼ形成の口コミ

えくぼ形成を二回目を考えているのですが、以前の手術はプチ整形だったので糸が取れてしまいました。
出来ればダウンタイムを短くしたいです。

えくぼ形成の症例写真・モニター

症例写真1

えくぼ形成の修正・再手術

再手術を行うこともできますが、何度も施術を行うことでのリスクもありますのでできることなら失敗をせずに一度の施術で終わらせたいものです。

自分がどのような口元にしたいのかもきちんと伝えておくようにすることも重要ですので、カウンセリングでしっかりと意思を伝えるようにしましょう。

何カ月たっても笑っていないのにえくぼが凹むときは修正手術を

女性らしいえくぼに憧れているなら、えくぼ形成を受けましょう。術後は腫れが2~3日、むくみが1週間程度は続きますし、施術後1週間~1カ月程度は笑っていないのにえくぼが凹むことがありますが、やがては治まるので心配することはありません。

しかし何カ月たってもえくぼが凹む人は修正手術を受ける必要があります。そんな失敗をしたくないなら、経験豊富な名医のいる美容外科で施術を受けるようにしてください。

えくぼ形成の上手い医師・医者

えくぼ形成の上手い医師は形成外科的な技術が高いです。
また、管理技術の高い医師をオススメいたします。

えくぼ形成のお薦めの先生・病院のランキング

料金と高い技術を持った名医であるかをしっかり自身で見極めて選択することが重要なのです。
アフターケアと名医は選択の基準として重要視することです。

えくぼ形成で失敗したくないならおすすめの美容外科へ

えくぼ形成に成功すると、笑ったときに可愛らしいえくぼが出来るので、魅力的な女性に見えます。失敗すると、笑っていないのにえくぼが凹むことや、えくぼの位置が不自然になることや、糸が出てくることもあるので、美容外科選びには注意が必要です。

当相談所に連絡いただくと、えくぼ形成で実績のある、おすすめの美容外科を紹介することが出来ます。そこに行けば名医による施術を受けられるので、満足いく仕上がりになるでしょう。

美容整形の失敗・修正・再手術

えくぼ形成のトラブル・後遺症

口の整形をされる際には、下記のような代表的なトラブル・後遺症について、確認しておきましょう。

変形/知覚鈍麻/唇の厚すぎる/唇が薄すぎる/しびれ/効果がない/バランスが悪くなる

えくぼ形成の効果・メリット

憧れのえくぼの形成はいつからでも年齢に関係なく行えます。
第一印象や自身の表情に自信をつけることができる希望がもてます。

えくぼ形成はメスをいれるなどの行為は行わず、糸でクセづけするのが特徴です。
ですから失敗のリスクもほぼなく、効果も高く簡単にえくぼ形成ができます。

えくぼ形成のリスク・デメリット

いくら簡単に行えるといってもアフターケアを十分に配慮して行ってくれるかなどの問題にも気を付けなければなりません。リスクをさらなる低いものにするためにも大切な事柄です。

えくぼ形成でえくぼの位置が不自然になるリスクはなぜ起きる!?

思っていたイメージと違う仕上がりになることがあります。

えくぼ形成を行って希望の位置にえくぼができたとしても、予想していたイメージと違う仕上がりになったり、えくぼを作るために糸を通した位置がずれてしまい、希望の位置とちがい場所にえくぼができると、えくぼの位置が不自然に感じます。再手術を行うことはできますが、糸が見つからずに抜糸できない場合や癒着が強い場合が再手術ができない可能性があります。

笑っていないのにえくぼができてしまう場合

笑った時にできるえくぼは、可愛い印象を与えたりしますが、えくぼ形成をした時に起こるリスクとして笑っていないのにえくぼが凹むことがあります。

手術をした後に1ヶ月程度笑っていないのにえくぼが戻らない場合があります。これは通用、時間の経過とともになくなりますが、まれにそのまま常にえくぼができている状態になるリスクがあります。

えくぼ形成後に糸が出てくるリスク

えくぼ形成は切開せずに、糸を通して固定するだけの方法なので永久的に継続することは確実ではないため、糸が口腔内や頬の表面に出てくるというリスクがあります。

糸が出てくると、感染症や傷跡になる可能性があるので、早急に病院へ行って抜糸することが必要です。また、抜糸後はすぐに再手術することはリスクがあります。

えくぼ形成のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

ダウンタイムはえくぼ形成ではどうなっているのでしょうか。
まずえくぼ形成の処置時間は短いです。約30分ほどが目安としてあげることができます。

メイクも翌日からすることができるほどです。
ダウンタイムでは術後数日はクセづけした部分が腫れることがありますが、これは徐々に落ち着きますので失敗ではありません。

過程として起こることなので安心してその効果のでる一部だと視野に入れることが可能です。
ただし1か月はダウンタイム内であることを念頭に入れておく必要があります。
1か月ほどはえくぼ形成を行った部分への過剰な摩擦は避けるようにしてください。

えくぼ形成の料金・値段・費用・相場

料金の安さだけに惹かれ施術を選択することはやめたほうが無難です。

えくぼ形成の名医・医師選びとカウンセリング

安全と安心な病院の施術がその希望を叶えてくれる近道になることを忘れてはいけません。
失敗を招かず高い効果を得るためにできる限り事前にリスクの問題を排除します。

えくぼ形成の失敗のリスクを減らすために

経験や技術の少ない医師に担当してもらうと、仕上がりが違ったり術後のリスクも高まる可能性があります。そのため、事前に下調べをして信頼できる医師に担当してもらうことが大切です。

当相談所では、おすすめの美容整形外科を紹介しております。医師や病院選びに迷ったらお気軽に相談することができます。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*