修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

アヒル口形成の失敗・修正・再手術

アヒル口形成の失敗

顔の印象は口元でかなり変化してきます。口角が下がっていると老けて見えたり、寂しげな表情に見えてしまいますが、口角が上がっていると明るく可愛らしい雰囲気となります。そしていわゆるアヒル口と呼ばれる口元も愛嬌があり、可愛らしさもあることから人気となっています。口元を可愛らしくする為の整形では同時ににえくぼ形成なども人気です。

失敗の例としては不自然な仕上がりとなる、しこりができる、思ったような効果が得られていない、すぐに元に戻ってしまうなどがあげられます。

美容整形でしっかりと効果を得るためにも、失敗のリスクを防ぐためにも、まずはクリニックの情報はよく調べておきましょう。

ヒアルロン酸を何回も入れるのは避ける

アヒル口形成は、魅力的な口元になるために、幅広い年代の人が施術を希望していますが、多少のリスクは伴うので、信頼できる名医が在籍をしている美容外科を選ぶ必要があります。

しこり・石灰化を防ぐために、ヒアルロン酸を何回も入れるのは控えたほうが安心です。
納得が行くまで、カウンセリングや診察を受けることが大事です。

アヒル口形成の失敗・修正・再手術

美容整形の失敗・修正・再手術

アヒル口形成の口コミ・体験談・評判

アヒル口形成の口コミ

アヒル口になりたくて、ヒアルロン酸注入をしました。
ふっくらと仕上げてくれと言ったのですが、ぼこぼこになってしまう修正を考えています。
あと1か月待ってくれと言われています。

アヒル口形成の症例写真・モニター

症例写真1

アヒル口形成の修正・再手術

再手術・修正が多い手術内容です。

名医の場合は最適な場所、注入量で仕上げてくれますので、美しい自然な仕上がりとなりますし、腫れなども最小限に抑えた注入を行ってくれます。理想の仕上がりにするためにも、医師選びは慎重に行いましょう。

アヒル口形成の上手い医師・医者

アヒル口形成を成功させるには、細かくヒアルロン酸、脂肪を注入できる医師を選ぶことをオススメいたします。
注入のプチ整形と言えど、医師のデザイン力が求められますから、結果も変わってきます。

アヒル口形成のお薦めの先生・病院のランキング

ヒアルロン酸注入は簡単に行えるイメージもありますが、注入量や深さ、打つ場所により仕上がりはかなり変化していきます。それゆえにヒアルロン酸注入の名医と呼ばれる医師に担当してもらうことが大切です。

美容整形の失敗・修正・再手術

アヒル口形成のトラブル・後遺症

口の整形をされる際には、下記のような代表的なトラブル・後遺症について、確認しておきましょう。

変形/知覚鈍麻/唇の厚すぎる/唇が薄すぎる/しびれ/効果がない/バランスが悪くなる

アヒル口形成の効果・メリット

アヒル口形成は注射だけで、メスを使わずに行えますので、ダウンタイムが短く、しかも効果が高いことで若い女性を中心に人気の高い美容整形となっています。

意識して口角を上げたり、口先を前に突き出すようにしている人もありますが、アヒル口形成という美容整形もあり、ヒアルロン酸注入などで手軽にアヒル口を作ることができます。

アヒル口形成のリスク・デメリット

アヒル口形成は美容整形の中でも特に手軽に行えるものと考え勝ちですが、やはり美容整形には失敗のリスクもありますし、アフターケアがしっかり行われていないクリニックを選んでしまうと思わぬトラブルとなってしまうこともあります。

 

不自然な口元になる可能性があります

魅力的な口元になるために、美容外科のクリニックでアヒル口形成の施術を受けたい人が増えています。

唇に注射針を使って、ヒアルロン酸を注入しますが、腫れ・内出血が強く出る可能性もありますし、左右の大きさがアンバランスになる、不自然なアヒル口になる可能性もあります。

アヒル口形成の施術を受ける時は、名医に依頼する必要があります。

しこり・石灰化など多少のリスクは伴います

アヒル口形成の施術を受けた経験のある人は、ヒアルロン酸を数回注入する人も多いので、しこり・石灰化が見られる場合があります。

アヒル口の施術を希望している人が多いですが、多少のリスクがあるので、ヒアルロン酸を注入する時は、慎重に行う必要があります。

施術を受ける前に、医師の説明をきちんと聞いておく必要があります。
アヒル口は信頼できる医師に依頼しましょう。

アヒル口形成のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

そしてアヒル口形成のダウンタイムも知っておきたいですが、強い腫れなどは一週間程度で改善されていきます。

アフターケアとしてはアイスパックで冷やす、処方された鎮静剤を利用するなどすればより痛みも軽減され、ダウンタイムからの回復も早くなります。

アヒル口形成のリスク「腫れ・内出血が強く出る」は防げないのか?

アヒル口形成は、左右がアンバランスになってしまい、不自然なアヒル口になる場合がありますし、血管が弱い体質の人は、腫れ・内出血が強く出る可能性があります。

現代は仕事や学業で忙しい人が増えているため、医師にどれぐらいのダウンタイムがあるか、きちんと説明を受けておく必要があります。
数日を経過すると、腫れや内出血が改善することが多いです。

アヒル口形成の料金・値段・費用・相場

美容整形は医療行為ですが、保険適用の治療ではありませんので全額自己負担となります。それゆえに料金はよく比較して、適正な料金であるかはよく確認しておきましょう。

アヒル口形成の名医・医師選びとカウンセリング

安全と安心な病院の施術がその希望を叶えてくれる近道になることを忘れてはいけません。
失敗を招かず高い効果を得るためにできる限り事前にリスクの問題を排除します。

美容整形の失敗・修正・再手術


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*