修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

口の整形の失敗・修正・再手術

口の整形の失敗

口の整形は唇の厚さを変える手術(口唇縮小術口唇拡大術)やアヒル口形成などがございます。

その他、輪郭形成としては受け口手術、セットバック、ルフォー骨切などの輪郭形成もあります。

ですので、口のプチ整形の失敗を回避するためには、技術が高い病院・先生を選択しなければなりません。

口のプチ整形の手術は人気の治療方法です。このサイトではこれらの治療において起こり得るトラブル・リスク・デメリット・後遺症を解説し、名医をご紹介致しております。

口の整形の失敗・修正・再手術

口の整形の口コミ・体験談・評判

口の整形の口コミ

口唇縮小をして、唇を薄くしました。
タラコ唇が改善して本当によかったっと思っています。

口の整形の修正・再手術

たとえば唇の厚みを変化させる手術であれば、口の整形を失敗してしまった方への修正方法としては、フィラーや脂肪注入などの再手術を行います。

修正が出来るかどうかをまずは判断しなければなりませんので、セカンドオピニオンをお薦め致しております。
勿論、その際は、技術が高い先生・病院を選ばなければなりません。

一度、内部組織が崩れてしまうと修正・再手術を難しくしますので、失敗しない先生・病院を選択して頂く事が大切です。

口の整形の上手い医師・医者

形成外科的な技術に裏付けされたドクターをご紹介致しております。
というのも、口の美容整形というのは、専門性が高く求められ、難易度が上がるため、普通のドクターでは対応ができないことも想定されるためです。

口の整形のお薦めの先生・病院のランキング

口の整形を成功させるためには、修正・再手術に限らず技術が高い先生・病院を選択しなければなりません。

失敗を回避するためには極細糸の使用や顕微鏡下器具などを使用出来る名医を選択しなければなりません。

ご相談窓口でお薦めの先生・病院をご紹介いたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正と効果

口の整形のトラブル・後遺症

口の整形をされる際には、下記のような代表的なトラブル・後遺症について、確認しておきましょう。

変形/知覚鈍麻/唇の厚すぎる/唇が薄すぎる/しびれ/効果がない/バランスが悪くなる

カウンセリングで使える症例・モニター・写真

口の整形の失敗・修正・再手術

口の整形の効果・メリット

口の整形の効果・メリットがあります。
唇はセクシーな印象を与えることが出来る重要なお顔のパーツです。

逆に間延びしてしまった口元ですと、魅力を失ってしまうこともあります。
美容整形の手術が成功した際の効果・メリットは大きいので、適切な医師選びが大切なのです。

口の整形のリスク・デメリット

口の整形の失敗例としては、唇の神経を傷つけてしまって麻痺して知覚鈍麻になってしまったり、しびれが残る可能性があります。

名医であれば場数を踏んでいるので安全性は高まりますから、慎重にクリニックを選ぶようにしましょう。
このサイトを通してリスク・デメリットを知り、失敗・修正のない医師選びをしてください。

口の整形のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

口の整形にはアフターケア・メンテナンスがつきものです。

アフターケアとメンテナンスは病院の本当の対応がわかる部分です。

当相談所では、評判の良い病院を優先的にご紹介いたしております。

口の整形の料金・値段・費用・相場

口の整形の料金・値段・費用・相場は技術力により変わってきます。

プチ整形の場合には数万円~10万円程度、本格的な美容整形の場合には高い料金になることもあります。

名医の条件をすべて満たすような認定医を選択しますと、料金が上がってくる傾向があります。

当相談所では、予算に応じた名医のご紹介をいたしております。

口の整形の名医・医師選びとカウンセリング

今回ご紹介したような口の整形の失敗や修正を避けるためには名医を選ばなければなりません。

口の整形の名医を相談したい方はお気軽にお問い合わせください。

全国の病院の中から手術別に最適な名医をリストアップいたします。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*