修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

シリコンプロテーゼの失敗と入れ替え・抜去による修正・再手術

シリコンプロテーゼの失敗

シリコンプロテーゼとは医療用シリコンで作った人工軟骨で、鼻全体を形よく高くしたい場合に最も効果的です。

シリコンプロテーゼは、本物の軟骨と同じような柔らかさを持ち人体に無害で、また時間の経過で変形・変質することはありません。ゴアテックスと比較すると硬めの素材です。
鼻筋をシャープに見せたい方に適しています。

プロテーゼのカタチは、I型プロテーゼL型プロテーゼがありますが、鼻先への圧迫を減らせるオーダーメイドの船型、プルアウト固定などをする事で曲がりのリスクを最小限に出来ます。

プルアウト固定が出来る名医を選択しなければ、ずれやすく失敗してしまいますので注意が必要です。

代表的な失敗例としては、プロテーゼの飛び出し、 プロテーゼの輪郭が浮き出る、鼻筋の違和感などの失敗です。

シリコンプロテーゼで起こり得るリスクを確率的に集計いたしましたのでグラフ資料を閲覧ください。

シリコンプロテーゼの失敗と入れ替え・抜去による修正・再手術

シリコンプロテーゼの失敗を回避するためには、技術が高い病院・先生を選択しなければなりません。

シリコンプロテーゼの手術は人気の治療方法です。このサイトではこれらの治療において起こり得るトラブル・リスク・デメリット・後遺症を解説し、名医をご紹介致しております。

シリコンプロテーゼの口コミ・体験談・評判

シリコンプロテーゼの失敗と入れ替え・抜去による修正・再手術

シリコンプロテーゼの口コミ

私は鼻にひたすらレディエッセ、ヒアルロン酸を入れ続けています。
しかし、手軽だけど終わりが見えないと思い、鼻の整形を考えてます。
隆鼻術、小鼻縮小です。

シリコンプロテーゼの症例写真・モニター

症例画像①

シリコンプロテーゼの修正・再手術

シリコンプロテーゼを失敗してしまった方への修正方法としては、プロテーゼ抜去手術または入替手術などが必要となる場合があります。

その人に合っていないサイズ、形のプロテーゼを入れた場合、間違った手術を行った場合にトラブルが生じます。

鼻の美容整形は、10年前のL型プロテーゼが主流だった術式から大きく変化してきており、名医であれば眉間から鼻先の角度、鼻の大きさや穴の形状までを含めた提案が出来ます。

既に失敗してしまった方は、まず修正が出来るかどうかをまずは判断しなければなりませんので、技術の高い先生・病院でのセカンドオピニオンをお薦め致しております。
修正を避けるためにも技術が高い先生・病院を選ばなければなりません。

というのも、内部組織が崩れてしまうと修正・再手術を難しくなるためで、失敗しない先生・病院を選択して頂く事が大切です。

シリコンプロテーゼの上手い医師・医者

シリコンプロテーゼで15万円などといったように、安さだけをアピールしている美容外科には注意が必要です。
と言うのも、鼻の美容整形というのは奥が深く、シリコンプロテーゼをとってもクオリティが高い手術では100万円を相場で超えることもありえます。

当相談所では、ご予算に合わせて名医をご紹介しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

シリコンプロテーゼのお薦めの先生・病院のランキング

シリコンプロテーゼを成功させるためには、修正・再手術に限らず技術が高い先生・病院を選択しなければなりません。

例えば鼻を高くする整形ひとつとっても、普通のI型プロテーゼではダメ(L型は論外)、プルアウト固定、ドレーンの留置、拘縮FREEの素材が出来る名医を選択しなければ手術のクオリティは下がりますので注意が必要です。

ご相談窓口でお薦めの先生・病院をご紹介いたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正と効果

シリコンプロテーゼのトラブル・後遺症

鼻の美容整形には失敗・トラブル・リスク・デメリット・後遺症がございます。

ドレーンを使用しないことによる感染/鼻先のアップノーズ/拘縮/プルアウト固定をしないことによる鼻筋のずれ/鼻先の曲がり/鼻筋が浮き出てくる/軟骨採取部の傷跡/モアイ像の様になってしまう/軟骨の吸収/プロテーゼが飛び出す/プロテーゼがブラックライトで光る/延長しすぎる/鼻先が長い/団子鼻/polly-beak変形/麻痺/鼻柱が短い

シリコンプロテーゼの効果・メリット

シリコンプロテーゼのメリットは鼻を高くしたり鼻先を整えたりなどオーダーに応じて綺麗な鼻にする効果です。

美容整形の手術が成功した際の効果・メリットは大きく、一生を左右する財産となります。

なので適切な医師選びが大切なのです。

坂口杏里と同様の鼻になるにはどんな整形方法がある?

団子状で大きいことが気になっている人は、小鼻を部分的に切除する方法などを取ることで、小さくさせることが可能となっていますが、穴の形が不自然にならないように腕がある医師に行ってもらう必要があります。

高さが足りない場合には、移植を行って高さを出す方法や、注入することで整えていく方法などがありますが、鼻筋をしっかりととしたいのであればプロテーゼを入れる方法があります。耳介軟骨を入れる方法もありますが、耳まで切開しなければならなくなる負担があります。

プロテーゼはデザインに合わせて先に形を整えておくことができて、挿入する手術も比較的早く終わり、30分程度であるため体の負担が少なくて済む特徴があります。

併用して、鼻先だけヒアルロン酸を注入して形を整える等色んな組み合わせもできます。

坂口杏里のように整えたいときには、芸能人の顔のように形成することに慣れている医師による施術を受けると良く、同様の術式の施術回数が豊富で経験を積み重ねていて技術の向上が期待できるからです。

慣れていない医師が行うと高さを出すことだけを考えてしまい、鼻先が上向きになりすぎて正面から穴が見えやすくなってしまう失敗などがありますし、プロテーゼを挿入するとき傷跡が目立たないように、穴の中を切開して入れることが多いので、狭い視野での作業がきちんとできずに、皮膚の剥離や入れる位置の正確性が損なわれてしまうとダウンタイムが長引いてしまったり、歪んだ花になることも考えられます。

シミュレーションを行った通りのデザインを再現できる、腕のある医師に依頼を行うことが仕上がりの満足度につながります。当相談所では、坂口杏里のような鼻を望む人の希望をできるだけ叶えてくれる名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

シリコンプロテーゼのリスク・デメリット

シリコンプロテーゼにはリスク・デメリットがつきものです。

それを説明しない医師が多いので手術後にクレームが起こってしまいます。

このサイトを通してリスク・デメリットを知り、失敗・修正のない医師選びをしてください。

シリコンプロテーゼのダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

シリコンプロテーゼにはアフターケア・メンテナンスがつきものです。

特に、鼻の手術は入れ替えや抜去のご相談が多いので、アフターケアとメンテナンスは病院の本当の対応がわかる部分です。

当相談所では、評判の良い病院を優先的にご紹介いたしております。

鼻の整形 アフターケア

シリコンプロテーゼの入れ替え・抜去

シリコンプロテーゼでは鼻筋や鼻先を高くする手術が多く行われておりますが、それらの手術の修正として入れ替え・抜去あります。

リスクを回避するためにも入れ替えや抜去の際には、より良い鼻の手術をされることが必要です。

当相談所では、修正のできる名医・専門の病院をお薦めしております。

シリコンプロテーゼの料金・値段・費用・相場

シリコンプロテーゼの料金・値段・費用・相場は技術力により変わってきます。

プチ整形の場合には数万円~10万円程度、本格的な美容整形の場合には高い料金になることもあります。

名医の条件をすべて満たすような認定医を選択しますと、料金が上がってくる傾向があります。

当相談所では、予算に応じた名医のご紹介をいたしております。

シリコンプロテーゼの名医・医師選びとカウンセリング

今回ご紹介したようなシリコンプロテーゼの失敗や修正を避けるためには名医を選ばなければなりません。

シリコンプロテーゼの名医を相談したい方はお気軽にお問い合わせください。

全国の病院の中から手術別に最適な名医をリストアップいたします。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*