修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

人中短縮(鼻下短縮)の失敗・修正・再手術【失敗確率4項目グラフあり】

人中短縮(鼻下短縮)の失敗

人中短縮(鼻下短縮)とは、鼻の下側(口唇側)の組織を切除して、鼻と上口唇の間を狭くする手術です。上唇が引き上げられ厚くなった印象になるためリップリフトなどとも呼ばれています。

お鼻の下を切開し、余分な皮膚組織を除去することで間短くなり、小動物のようなお顔の印象を解消します。後戻りが懸念されている手術ですので、医師によっては法令線まで切開する医師もいます。

また、人中短縮とは鼻の下を短くする手術ですが、表面からだけではなく、内側からの切開により人中短縮が出来ます。内側法で人中短縮をしますと、表面に傷跡が残りませんので、非常に利便性は高い治療方法となります。

「上唇小帯あたりを紡錘型にきり口輪筋をみじかくし上顎骨靭帯に固定する」といった流れで処置を施します。
内側法のデメリットとしては、効果が外側切開と比べますと感じにくいという点で、後戻りも指摘されております。

そのため、ポピュラーな術式は人中短縮の場合には外側法という事になります。

単純に粘膜だけを切って張ってと言う人中短縮を行っている場合ですと失敗されてしまうので注意してください。しっかりと骨膜や筋肉に固定できるかがポイントとなってきます。

鼻の下を短く見せる施術としては、他に鼻中隔延長術アヒル口形成でも効果が期待できる場合もあります。

代表的な失敗例としては、傷口が目立つ、ガミースマイルが悪化、ブタ鼻に見える、左右差がある、リップラインが変になったなどの失敗です。鼻の下は、傷痕が赤く盛り上がったり、ケロイド状になりやすい部位です。縫合技術の無い医師が縫合しますと、傷跡が目立ってしまうことがあります。

人中短縮術の失敗確率をグラフにいたしました。過去10年分のご相談内容の集計データです。

人中短縮(鼻下短縮)の失敗・修正・再手術

例えば、美容外科の中にはカウンセリングも5分で終了し、手術後のアフターケアもしない病院があります。
そういった病院では、術後のトラブルが多く報告されており、当相談所にも修正したいと言ったご相談が寄せられております。

ですので、人中短縮(鼻下短縮)の失敗を回避するためには、技術が高い病院・先生を選択しなければなりません。

人中短縮(鼻下短縮)の手術は人気の治療方法です。このサイトではこれらの治療において起こり得るトラブル・リスク・デメリット・後遺症を解説し、名医をご紹介致しております。

人中短縮(鼻下短縮)の口コミ・体験談・評判

人中短縮(鼻下短縮)の失敗・修正・再手術

人中短縮(鼻下短縮)の口コミ

鼻下の長さが2cmあり、とてもコンプレックスを感じていましたが、人中短縮で短くしました。
なんだか老けて見られていたのですが、手術後から若返った気がします。

人中短縮(鼻下短縮)の症例写真・モニター

症例画像①

人中短縮(鼻下短縮)の修正・再手術

人中短縮(鼻下短縮)を失敗してしまった方への修正方法としては、再手術等を行います。

傷跡に段差や凹み、盛り上がりなど生じてしまった場合は、レーザー処置やケナコルト(ステロイド)注射、手術により切り取りなどです。
皮膚に傷跡が目立ちやすい場所ですので、修正手術はとても難しいものになります。

既に失敗してしまった方は、まず修正が出来るかどうかをまずは判断しなければなりませんので、技術の高い先生・病院でのセカンドオピニオンをお薦め致しております。
修正を避けるためにも技術が高い先生・病院を選ばなければなりません。

というのも、内部組織が崩れてしまうと修正・再手術を難しくなるためで、失敗しない先生・病院を選択して頂く事が大切です。

人中短縮(鼻下短縮)の上手い医師・医者

人中短縮はリップリフトとも言われますが、リフトと言われるように、若返りの治療の権威を選択することをオススメいたします。
皮膚だけでなく、筋肉の引き上げ固定を行える上手い医師であれば、後戻りのリスクを防ぐことができます。

人中短縮(鼻下短縮)のお薦めの先生・病院のランキング

人中短縮(鼻下短縮)を成功させるためには、修正・再手術に限らず技術が高い先生・病院を選択しなければなりません。

例えば鼻を高くする整形ひとつとっても、普通のI型プロテーゼではダメ(L型は論外)、プルアウト固定、ドレーンの留置、拘縮FREEの素材が出来る名医を選択しなければ手術のクオリティは下がりますので注意が必要です。

ご相談窓口でお薦めの先生・病院をご紹介いたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の失敗・修正と効果

人中短縮(鼻下短縮)のトラブル・後遺症

鼻の美容整形には失敗・トラブル・リスク・デメリット・後遺症がございます。

ドレーンを使用しないことによる感染/鼻先のアップノーズ/拘縮/プルアウト固定をしないことによる鼻筋のずれ/鼻先の曲がり/鼻筋が浮き出てくる/軟骨採取部の傷跡/モアイ像の様になってしまう/軟骨の吸収/プロテーゼが飛び出す/プロテーゼがブラックライトで光る/延長しすぎる/鼻先が長い/団子鼻/polly-beak変形/麻痺/鼻柱が短い

人中短縮(鼻下短縮)の効果・メリット

人中短縮(鼻下短縮)のメリットは鼻を高くしたり鼻先を整えたりなどオーダーに応じて綺麗な鼻にする効果です。

美容整形の手術が成功した際の効果・メリットは大きく、一生を左右する財産となります。

なので適切な医師選びが大切なのです。

人中短縮(鼻下短縮)のリスク・デメリット

人中短縮(鼻下短縮)にはリスク・デメリットがつきものです。

それを説明しない医師が多いので手術後にクレームが起こってしまいます。

このサイトを通してリスク・デメリットを知り、失敗・修正のない医師選びをしてください。

人中短縮(鼻下短縮)のダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

人中短縮(鼻下短縮)にはアフターケア・メンテナンスがつきものです。

特に、鼻の手術は入れ替えや抜去のご相談が多いので、アフターケアとメンテナンスは病院の本当の対応がわかる部分です。

当相談所では、評判の良い病院を優先的にご紹介いたしております。

人中短縮(鼻下短縮)の料金・値段・費用・相場

人中短縮(鼻下短縮)の料金・値段・費用・相場は技術力により変わってきます。

プチ整形の場合には数万円~10万円程度、本格的な美容整形の場合には高い料金になることもあります。

名医の条件をすべて満たすような認定医を選択しますと、料金が上がってくる傾向があります。

当相談所では、予算に応じた名医のご紹介をいたしております。

人中短縮(鼻下短縮)の名医・医師選びとカウンセリング

今回ご紹介したような人中短縮(鼻下短縮)の失敗や修正を避けるためには名医を選ばなければなりません。

人中短縮(鼻下短縮)の名医を相談したい方はお気軽にお問い合わせください。

全国の病院の中から手術別に最適な名医をリストアップいたします。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

“人中短縮(鼻下短縮)の失敗・修正・再手術【失敗確率4項目グラフあり】” への1件のコメント

  1. 鈴木亮 より:

    鼻の下がながいけどガミーではなくどちらかというと笑った時にもう少し歯が見えてもいい状態。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*