修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

エラ削りのリスク

エラ削りのリスク

エラ削りでは、誤った知識の基でカウンセリングで手術をしてしまって失敗する方が増えてきています。

エラ削りの美容整形の名医を選ぶ上で、当相談所では、エラ削り美容整形の名医の紹介・失敗回避のポイントなどを解説しています。

エラ削り

エラ削りのリスクその1 知覚鈍麻・神経麻痺

エラ削りの失敗として代表的なものに知覚鈍麻・神経麻痺が有ります。

神経ぎりぎりの手術が行われている輪郭形成の病院では失敗が相次いでおり、将来的に骨が割れてしまうなどのリスクも報告されています。

こちらの相談所にはエラ削り術後の知覚鈍麻・神経麻痺の修正の相談が多く来ています。

中にはCTの用意もなく、医師の勘頼みでエラ削りの手術をしてしまう病院がありますが、基本的にはそういった美容外科を選択するのはリスクです。

エラ削りのリスクその2 効果・変化が無い

エラ削りの失敗のリスク効果・変化が無いが有ります。

特に正面からの小顔効果を得たい人がエラの下顎骨だけの切除を行っても、その効果を実感することが出来ないのです。

そもそも、エラ削りには下顎骨切除や外板切除や咬筋切除などの種類がありますが、正面からと横からのどちらを重点的に変化を出したいかによって適した手術が異なります。

エラ削りの手術バリエーションが多い医師を選択していただき、正面からも横からも効果・変化を実感できる輪郭形成を行う必要があります。

エラ削りのリスクその3 腫れ・ダウンタイムが長い

エラ削りのリスクとして腫れやダウンタイムが長いということが挙げられます。

美容整形の中でも輪郭形成はダウンタイム機関が長いのですが、平均して2~3週間程度は絶対安静となります。

運動や喫煙などは避けていただきます。

エラ削りのご相談はこちら

名医や失敗しないためのカウンセリングのコツや傷跡を少なくするための内服薬の説明などをご説明いたします。

美容整形の失敗・修正・再手術

このページのコンテンツは随時アップロードしていきます。参考になったという方はブックマークやシェアをお願いします。


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*