修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

エラ削りのデメリット

エラ削りのデメリット

エラ削りでは、誤った知識の基でカウンセリングで手術をしてしまって失敗する方が増えてきています。

エラ削りの美容整形の名医を選ぶ上で、当相談所では、エラ削りの美容整形の名医の紹介・失敗回避のポイントなどを解説しています。

下顎角形成術いわゆるエラ削りのデメリットについて解説いたします。

デメリット

エラ削りのデメリットその1 ダウンタイムが長い

エラ削りのデメリットは何と言ってもダウンタイムが長い事でしょうか。

平均的には3週間程度のダウンタイムが必要となります。

輪郭形成はどれもダウンタイムが長いですので、スケジュール調整を十分にされてください。

エラ削りのデメリットその2 失敗もあり得る

エラ削りだけではなくどの手術でもそうですが、やはり美容整形に失敗はつきものです。

特に安かろう悪かろうの病院でエラ削りをしてしまうと、神経麻痺や知覚鈍麻・左右差・不自然な輪郭などの失敗が起こりえます。

エラ削りのデメリットその3 整形がバレる

エラ削りをした事がばれてしまうデメリットも考えられます。

医師の技術力により大きく作用しますが、エラ削りににおいて表面切開をする病院は少なくとも避けて下さい。

それは20年前のエラ削りの手術方法です。

エラ削りのご相談はこちら

ご相談の際は、名医や失敗しないためのカウンセリングのコツや傷跡を少なくするための内服薬の説明などをご説明いたします。

美容整形の失敗・修正・再手術
このページのコンテンツは随時アップロードしていきます。参考になったという方はブックマークやシェアをお願いします。


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*