修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

エラ削りのダウンタイム

エラ削りのダウンタイム

エラ削りでは、誤った知識の基でカウンセリングで手術をしてしまって失敗する方が増えてきています。

エラ削りの美容整形の名医を選ぶ上で、当相談所では、エラ削りの美容整形の名医の紹介・失敗回避のポイントなどを解説しています。

エラ削りのダウンタイムはおおよそ2週間と言われております。

これは、手術後に外に出ることが出来ないレベルでの腫れや内出血、さらに輪郭形成の場合には開口障害があるので長いダウンタイムの時間が必要なのです。

ダウンタイム

エラ削りのダウンタイム中の腫れについて

エラ削りのダウンタイム中の腫れは正直、大きいです。

咬筋切除や外板切除を追加するとさらに腫れます。

もちろん、どんなに腫れていても、必ず次第に良くなっていきますので焦らずにダウンタイムを過ごしていただく必要があります。

病院の中には、圧迫固定をして腫れ止めの点滴をしている病院もありますから、是非アフターケアの良い病院を選択していただきたいです。

エラ削りのダウンタイム中の痛みについて

エラ削りのダウンタイム中の痛みは静止状態では基本的にありませんが、笑ったりする筋肉を動かしたりすると痛いケースがあります。

なのでマッサージなどのアフターケアはエラ削りの術後すぐにはできません。エラ付近は触らないことをお勧めいたします。

エラ削りのダウンタイム中の内出血について

エラ削りのダウンタイム中の内出血は必ず生じると思ったほうが良いですが、術後間もない頃の運動やご入浴を避けていただく事である程度回避することが出来ます。

運動や喫煙などは避けていただきます。内出血も必ず良くなっていきます。

エラ削りのご相談はこちら

名医や失敗しないためのカウンセリングのコツや傷跡を少なくするための内服薬の説明などをご説明いたします。

美容整形の失敗・修正・再手術
このページのコンテンツは随時アップロードしていきます。参考になったという方はブックマークやシェアをお願いします。


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*