修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

エラ削りのアフターケア

エラ削りのアフターケア

エラ削りでは、誤った知識の基でカウンセリングで手術をしてしまって失敗する方が増えてきています。

エラ削りの美容整形の名医を選ぶ上で、当相談所では、エラ削りの美容整形の名医の紹介・失敗回避のポイントなどを解説しています。

エラ削りのアフターケアはバンテージや運動やご入浴の禁止などがありますが、誤って理解している方が多いです。

エラ削りのアフターケアは手術後半年に及びます。

手術後に外に出ることが出来ないレベルでの腫れや内出血、さらに輪郭形成の場合には開口障害があるので長いダウンタイムの時間が必要なのです。

アフターケア

エラ削りのアフターケアその1 バンテージ

エラ削りのアフターケアで1週間程度のバンテージ着用が必要な病院が多いです。

固定をしっかりとすることで、癒着をしっかりとつけることもでき、腫れを抑える効果もあります。

エラ削りのアフターケアその2 運動と入浴と喫煙の禁止

エラ削りのアフターケアを正しくする上では、術後の運動と入浴と喫煙の禁止されています。

中でも喫煙は最悪で傷跡の回復実験では、喫煙者と非喫煙者とでは雲泥の仕上がりの差が生まれています。

少なくとも術前術後1週間程度は喫煙は控えたほうがベターです。

エラ削りのアフターケアその3 リハビリ

エラ削りでは手術の炎症で口が開きにくく(開口障害)が起こりますので、術後数か月にわたり、開口訓練・リハビリを行います。

リハビリをすることでダウンタイムの期間を短くし、完成度も上げる効果があります。

ここがアフターケアの対応が良い病院を選択しなければならない理由です。

エラ削りのご相談はこちら

ご相談の際は、名医や失敗しないためのカウンセリングのコツや傷跡を少なくするための内服薬の説明などをご説明いたします。

美容整形の失敗・修正・再手術
 

このページのコンテンツは随時アップロードしていきます。参考になったという方はブックマークやシェアをお願いします。


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*