修正の名医と整形失敗と効果
修正の名医と整形失敗と効果

胸を大きくする整形の失敗・修正・再手術

胸を大きくする整形の失敗

胸を大きくする整形にまつわる失敗例。「バストアップ効果が無い」可能性は知ってる?

胸を大きくする整形の方法には種類がありますが、美容整形を行ったにも関わらずバストアップ効果が無いということも、ない話ではありません。

それはバストの治療方法にもよりますが、例えばヒアルロン酸を注入するにしても、1回で完全な形にはしないで、少しずつ注入をして形成することもあります。だから少ない量であったら、バストアップの効果は感じることができないでしょうし、医師と相談で入れていくことです。

口コミ・体験談・評判

胸を大きくする整形

コンデンスリッチとアクアフィリングを検討中の口コミ

10年ほど前にシリコンバッグを入れました。2年程経過すると拘縮したので入れ直しの手術を行いましたが、やはり拘縮してしまいました。最近は拘縮+しこりができ痛みもでてきました。

いろいろネットで調べてみたところ、コンデンスリッチアクアフィリングできれいにお直しができないものかと検討中です。

症例写真・モニター

症例画像

修正・再手術

胸を大きくする美容整形では、例えば脂肪注入ではしこり・石灰化を生じる可能性もあります。

胸を大きくする整形でのリスクとして、しこり・石灰化といった症状があります。脂肪注入をしたあとのしこりは、乳房内において壊死した脂肪が原因です。壊死の脂肪の塊が小さいなら、体内へと吸収されます。

脂肪サイズが直径10mm以上だと、体内への完全な吸収は無理です。残った塊を異物と判断しますので、被膜が形成されるために、バストのしこりになります。そして被膜のまわりで問題となって発生をしますのが、バストの石灰化です。

上手い医師・医者

上手な医師の場合、脂肪注入であればしこりのリスク無く、採取した皮下脂肪を定着させることができます。豊胸プロテーゼの挿入でも、バッグの挿入層を上下で変える治療も出てきておりますので、

お薦めの先生・病院のランキング

技術が高いdoctorを選択すれば、胸を大きくする美容整形はおすすめです。

中には半永久的な治療法もあるため、一回の手術で、永続的なバストアップをすることができます。

当相談所では、失敗確率を根拠とした名医のご紹介を全国で行っています。メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

美容整形の失敗・修正と効果

トラブル・後遺症

胸を大きくする美容整形と被膜拘縮(カプセル)があります。

胸を大きくする整形を受けてから、バストに硬さを感じる原因になるのが、被膜拘縮(カプセル)の後遺症です。手術前には問題がない状態であったのが、バストの美容整形を行ってから、次第に触り心地が硬くなるという症状が出てきます。

これはバストの美容整形の方法で、プロテーゼ挿入法を選んで治療をした人に、発生をする確率がやや高めです。バストは左右の硬さが違うなど、違和感を感じることになるので、本人は気になります。

効果・メリット・入れるcc・バストアップ・カップ

胸を大きくする美容整形でバストアップ効果が無い失敗例もありますが、成功した場合には、希望通りのカップ数を手に入れることができます。

近年では、最大5カップアップすることができるハイブリッド豊胸などの技術も出てきており、名医を選択する事で、成功確率が上がります。ヒアルロン酸注入などでは、目安として、片側50ccで1カップアップすることができます。

武藤静香みたいなバストになるための整形とは?

日本のギャルファッションモデルとして活躍している武藤静香は、2006年から継続していた雑誌小悪魔agehaの専属モデルとして活躍していましたが、2013年に卒業し、現在では自身がデザイナーを勤めるアパレルブランドも、女性の支持を集めるなど、大活躍をしています。

スタイル抜群でもありますが、バストの形の良さも魅力となっています。

おっぱいというのは、女性の悩みの種でもあり、特に小さいおっぱいの女性は大きく見せようと努力をしています。
自力ではなかなか大きくすることができませんから、豊胸手術がおすすめです。

手術には、脂肪注入豊胸や、ヒアルロン酸注射、シリコンバッグ豊胸などいくつかの方法があります。

脂肪注入は、自分の余分な脂肪を吸引して、バストに注入してボリュームをアップさせる方法です。

ただ、この方法は、しこりができるリスクもあるため、最近は、コンデンスリッチ豊胸という方法も登場してきました。

コンデンスとは濃縮という意味で、遠心分離にかけた脂肪を使用し、死活・老化細胞を取り除くことで、しこりを起こすリスクを軽減させることができます。

一方、シリコンバッグ豊胸は、脂肪注入では難しい、2~3カップ以上のサイズアップが可能な方法で、胸に豊胸バッグを挿入してサイズアップさせることができます。

人工の乳腺をそのまま挿入するため、確実にサイズアップできるのが魅力です。

また、大きさも自由に選択することができるので、自分のなりたいおっぱいにすることができ、ヒアルロン酸や脂肪注入では、1カップ程度しか大きくすることができませんが、シリコンバッグなら、確実にサイズアップできるのがメリットといえます。

また、大きくなったおっぱいをずっとキープすることができるのも、シリコンバッグ豊胸の魅力です。

手軽に行えるヒアルロン酸は、体内に吸収されてしまうため、定期的に注入する必要がありますが、シリコンバッグなら分解も吸収もされませんから、ずっとサイズをキープすることができます。

リスク・デメリット

脂肪注入やヒアルロン酸注入のリスクとデメリットとしては、効果が無かったり、しこりになってしまったりすることです。アクアフィリング豊胸については、まだFDAの認可が取れていない点も気になります。豊胸バッグは挿入後にバッグが破損することがあります。

このように、手術方法それぞれにおいて、デメリットがあるため、一つずつチェックしておきましょう。

ダウンタイム・アフターケア・メンテナンス

胸を大きくする整形は、小さいバストに悩む女性には、おすすめな美容整形の治療方法です。バストの悩みはエステサロンでも、バストアップのマッサージなど を受けることもできます。

ですがエステは高い割に、その場しのぎで元に戻るマッサージです。しかしバストを大きくする美容整形であれば、治療方法によって は、かなり長く良い状態を維持できる、バストの美容整形の治療法もあるので、建設的なバストの改善策になります。

料金・値段・費用・相場

料金相場はヒアルロン酸注入で1カップアップで30万円、アクアフィリング豊胸で1カップアップで40万円程度がプチ整形の費用です。本格的なバッグ挿入や脂肪注入だと、100万円程度かかることが想定されます。

名医・医師選びとカウンセリング

失敗確率が低い名医を選ぶことが最も重要だと考えております。

美容整形には専門分野と言うものがありますので、バストに関しての学会研究を行っている名医を選択することをオススメいたします。

美容整形の失敗・修正と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗と修正は大変多く、名医を選ばなければ後悔につながります。当相談所では、失敗の原因を徹底分析し、修正の駆け込み相談所として名医をご紹介しております。緊急の場合でも、返答は早急にいたします。
最新記事 by 失敗・修正回避の駆け込み相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*